" />

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】アフターパーツまとめ ~Part1~

コロナのせいで、販売が遅れていた新型ジクサーも 少しずつ販売再開されているそうで、アフターパーツも少しずつ出始めています。 今まで紹介したものから、自分が気になるもの含めて いくつかのジクサ―SF250のアフターパーツを総特集でご紹介していきます👍 基本的にジクサー250も寸法や設計は同じなので、流用可能なのがほとんどです。 この記事はこんな方におすすめ ジクサーのアフターパーツを探してる。 オススメは何? 部位別にご紹介していきます👍 フロント&ハンドル周り まずは車両フロント部周りのパーツから ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】社外バイザー取り付けDIY

某オークションで売ってたのを見つけて衝動的にポチる💦 ジクサーの社外バイザーを入手したので、またまたジクサーSFプチチューンといきます👍 この記事はこんな方におすすめ 社外バイザーはどんな物? 交換した印象の変化は? 社外バイザーはダークスモークな感じで、一応透過性のある。 純正と比べると、若干中央部分が盛り上がってるイメージ。 最大で10cmくらい中央部が延長されている感じ。うん、形は悪くない👍 では、さっそく取り付け👍 カウルの取り外し バイザーを取り付ける為には、カウルを取り外していきます。 サイド ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】WR’SハンドルUPスペーサー取り付け

9月末にWR'Sさんから発売された ジクサーSF250用のハンドルUPスペーサーを購入したので 取り付けDIY&プチレビューです👍 この記事はこんな方におすすめ ハンドルUPに興味がある。 組み換え方法は? ハンドルUPの体感は? まずは開封の儀から👍 キット内容 ハンドルUPスペーサーのキット内容は下記。 ・説明書・ハンドルUPスペーサー 1セット・キャップボルト × 4本・ステッカー 一枚 スペーサーの厚みは約10㎜(1㎝)です。 スペーサーの素材は、ジュラルミン材でとても軽いです。 片方のみ ...

ReadMore

カーライフ 知らいないと損ネタ

タイヤ持込み交換 どこが安い?

前回、車のタイヤが安くてコスパの良い海外製のタイヤをご紹介しましたが いくらタイヤを安く購入しても、結局交換工賃が高ければ意味がない・・・💦 今回は近場の車の用品店での見積もりの差を調査してみました👍 注意 ・本調査結果は一例であり、金額を補償するものではありません。 この記事はこんな方におすすめ タイヤの交換工賃を安く抑えたい! 安く交換してくれるところが知りたい! コスパタイヤのオススメは過去記事を参考にしてください。 最近の海外タイヤは、値段が安いだけじゃなく 性能もそこそこで、全然問題ないですよ👍 ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】実燃費記録公開!!

今回は、4月からジクサーSF250を納車してからの 給油時の燃費計測記録を公開します。 こちらは継続して更新していく予定です👍 この記事こんな方におすすめ ジクサーSF250の燃費はいいの? 実際の燃費は? 燃費を良くするための走り方は? 注意 ・あくまでも、個人的な走行環境による燃費結果ですので、いかなる場合においてこの燃費結果を保証するものではありません。 発表前に、日常的な走行環境の条件から。 使用環境 まず、使用環境としては わたしは、通勤等では使用してません。 基本的に週末ライダーです👍 走りに ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】チェーン点検&張り調整メンテDIY

今回は、ジクサーSF250のチェーンに関してのお話。 前に、チェーンメンテのやり方はご紹介しましたが 私のジクサーは納車から5000km程度走ったので そろそろ、チェーンの張りの点検や調整を一度やってみようと思います👍 この記事はこんな方におすすめ 自分でチェーンの張り調整を自分でやってみたい。 やり方が知りたい。 注意 ご紹介する作業を参考にされる場合は、いかなる場合も保証致しませんので必ず自己責任の上実施ください。 不安な方はショップにお願いしましょう。 まずはチェーンの点検から👍 チェーン点検 作業 ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】点火プラグメンテDIY

今回は、ジクサーSF250の点火プラグをチェックしてみたので それに付随する、プラグメンテのお話。 この記事はこんな方におすすめ ジクサーのプラグメンテ、交換を自分でやってみたい! メンテ、交換に注意するべき点は? では、やってみよ~👍 プラグ取り外し手順 プラグを外す前に、周辺のカウルを取り外します。 作業の前に、IGのキーがOFFになっているのを確認しましょう。 キーを抜いておくことをオススメします👍 カウル取り外し ①シート取り外し。 まずは、リアシートと、メインのシートを取り外します。 リアシート ...

ReadMore

パソコン 知らいないと損ネタ

【Windows10】過去リビルトのISOイメージをダウンロードする方法

今回はWindows10のOSデータの過去のVerのイメージをダウンロードする方法をご紹介。 2020年8月現在、WindowsのOSデータの最新データのVerは2004となっており 5月にアップデートされたばかりです。 しかしながら今回のアップデートは不具合が多く💦 新規でインストールする際にうまくライセンス認証ができなかったりすることが 当方であったため、一つ前の1909のリビルトVerをダウンロードを使用と思った際に 行き着いたのでご紹介します。 この記事はこんな方におすすめ WindowsのOSイ ...

ReadMore

商品レビュー

TINECO 「A11 Danimo」コードレス サイクロン掃除機レビュー

今回は、新しくコードレス掃除機を買ったのでそのレビューです。 コードレスでコスパの良い掃除機をお探しの方にはオススメです。 ご参考になれば幸いです。 TINECOのコードレス掃除機 今回買かったのは、AMAZONで販売されている「TINECO製」のコードレス掃除機。 「A11 Danimo」です。 コードレス サイクロンクリーナーでは「Dyson(ダイソン)」が超有名ですが やっぱりお高いのがネックです💦 そこで、良さそうなの無いかな?と見つけたのがTINECOの掃除機。 付属品のセット内容をみてもかなり ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】締め付けトルク一覧

ジクサーSF250の整備に必要な締め付けトルクを一覧にまとめました。 一般的な整備に必要な作業をピックアップしています。 ご参考にしていただければ幸いです。 適応モデル 適応モデル GSX250RL/FRL 車体番号 通称名:ジクサー 車名及び型式:スズキ 2BK-ED22B営業機種記号開始車体番号GSX250FRLM0ED22B-100001 -GSX250RLM0ED22B-100013 - ジクサーの正式モデル名は ジクサーSF250:GSX250F ジクサー250:GSX250 みたいです。初めて ...

ReadMore

バイクライフ

【セロー225 2LN】スピードメーターが動かない!?スピードメーター修理の巻!!

ナンバーも取得したし

エンジンや、マフラーも塗装してピカピカになったので

ぼちぼち、走ってバイクの調子を見ていこうと思います👍

この記事はこんな方におすすめ

  • スピードメーターの動く原理が知りたい!
  • スピードメーターが動かない場合の診断方法は?
  • スピードメーターの修理方法は!?

というわけで、走ってみて

不具合が無いか、確認していくわけですが・・・。

スピードメーターが動かない!?

いきなり出ました💦

走ってみると、スピードメーターがうんとも、スンとも・・・。

車の流れに乗るものの、今何kmなのかさっぱり分かりません💦

これはさすがに困るので、修理を試みます。

スピードメーターが動く原理は?

今どきのバイクは、電子化が進んでるので

各部センサーからの信号をスピードメーターに送って、スピードメータがその信号を表示している訳ですが・・・。

セロー225の1KH(2LN)は1986年式です。

当然、そんな電子技術も普及している訳もなく💦

機械式でアナログで車速を見ています。

ギヤボックスでタイヤの回転を測定する。

昔のバイクの主流は、フロントタイヤや、ミッションのギヤボックスにスピードメータ用の歯車が付いている機械式です。

それをメーターに接続して回ることで、メーターが車速を表示するのが一般的です。

フロントタイヤのギヤユニット

そこからワイヤーが伸びてメーターへつながる。

タイヤが回ることで、ギヤユニットも周る→ワイヤーを回す→メーターを回す。

ギヤユニットへワイヤーが入る部分。

タイヤが回ると矢印のギヤユニットの部分が回転します。

走行しているのに、スピードメータが上がらない場合

①ギヤユニット

②ワイヤー

③スピードメーター

のいずれかに異常があるということになります👍

メーター、ワイヤーの動作確認

とりあえず、順々に確認していきます。

まずは、ワイヤーを回して見てメーターの車速が動くかを確認します。

フロントタイヤのギヤユニットから、ワイヤーを外します。

手で回わして外しますが、どうしても緩まない場合はプライヤーなどで軽く挟んで緩めます。

手でワイヤーを直接回しても、見れないことは無いのですが

電動ドリルがあると、楽チンに回せます。

電動ドリルの先に、ワイヤーを挟みこんでスイッチON!

因みに、回す方向は左(緩める)方向にドリルを回します。

ドリルで回しながら、スピードメーターを確認します。

おお!

メーターはしっかりと動いてます👍

この結果でスピードワイヤー、スピードメーターには異常が無いということが分かりました。

ギヤユニットの確認

となると、怪しいのはギヤユニットってことになりますね💦

ギヤユニットを確認するためには、フロントタイヤを外します。

外したタイヤにギヤユニットを付けた状態でタイヤを転がしてみて

ギヤユニットのワイヤー口の部分がキチンと回っているかを確認します。

どうも、回っていません・・・💦

やっぱり原因はギヤユニットっぽいですね💦

ギヤユニットへの動力伝達はフロントホイールのハブに3箇所の出っ張りがあって

ギヤユニットの内部に勘合することでギヤユニットを回転させます。

どうもこの爪が、タイヤのハブとしっかり噛み合わさっていないことが原因っぽい。

ギヤユニットを組付ける際に、爪同士が乗っかった状態で締めこんでしまう

ギヤユニットの爪が曲がってしまったりすることは良くあるそうです。

試しに、ギヤユニットの爪のプレートを外して

軽く爪の部分を起こして噛み具合を調整してみようと思います。

タイヤを組付ける前に、ギヤユニットをハブに当てて

押さえながらタイヤを転がして見る。

ギヤユニットのワイヤーが入る部分が回転していれば

ハブと勘合してるのが確認できます。

見た感じギヤユニットはキチンと回っているので、大丈夫そう👍

これで、スピードメーターは回りそうです。

スピードメーターの確認

タイヤを組付けて、スピードメーターの動きをチェックします。

アクスルシャフトのナットはトルクレンチでしっかり締めます。締め付けトルクは85Nm。

さすがに走行中の写真は撮れなかったですが💦

ちゃんとメーターは回ってました👍

ギヤユニットの買い替えにならず良かった、良かった。

少しこの状態で、様子見ようと思います。

フロントタイヤを外した際のチェックポイント

せっかくフロントタイヤを外したらなら

他の部位もチェック&メンテしておきたいところ。

ホイールベアリングの点検

ホイールベアリングは、ホイールのシャフトが通る部分に組み込まれているベアリングで

シャフトの軸受けを担ってます。

ベアリングの機能としては、摩擦抵抗を減らす、振動を防ぐ、タイヤを滑らかに回転させることにあります。

当然ベアリングが経たっていると、抵抗が増えて燃費が悪くなったり

異音がしたり、最悪の場合焼き付いてしまうこともあります。

ベアリングは消耗品の為、交換時期の目安としては2~3万キロと言われています。

ベアリングの点検方法としては、ベアリングが見える状態で

中に指を当てて押し付けながらグリグリと回して見ます。

こんなときは、ベアリングの交換時期が来ていると判断していいでしょう。

幸い、フロントタイヤのベアリングは回しても感触としては大丈夫そうだったので

適当にあったモリブデングリスだけ盛り付けて、グリスアップのメンテナンスだけしておきます。

本来であれば、ベアリングのグリスアップにはウレアグリスが適任です。

【ウレアグリスの特徴】
・耐荷重性に優れている。
・高温下での潤滑寿命が長い。
・酸化安定性に優れている。
・耐熱性に優れている。
・耐水性に優れている。

モリブデングリスは焼き付き防止の意味合いで良く使われるのですが

研磨性があることから、ベアリングなどの高速摺動部への使用は敬遠される場合があるみたいです。

ということで、ベアリングをグリスアップするのに最適なグリスは?

と聞かれたら、ウレアグリスというのが今の主流みたいです👍

またグリスアップをする際は、一度パーツクリーナーなどでしっかり古いグリスを洗い流してから

新しいグリスを塗布するのがベストです👍

アクスルシャフトのグリスアップ

アクスルシャフトも、タイヤや車体を支える重要な軸受けの部分です。

こちらも、一度綺麗に拭き取り

モリブデングリスを薄く塗布して、グリスアップしておきます。

今回は、スピードメーターの修理の話でした。

少しでもご参考になれば幸いです。

今回のオススメアイテム

スナップリングプライヤーセット

バイクや自動車部品のなかでは、抜け止め防止のためスナップリングが使われています。

今回のギヤユニットも同じ。

スナップリングは、閉じ縮めて外すものと、開いて外す2タイプがあります。

このセットは、ヘッドの部分を組み替えることで両方対応できる優れものです。

いくつものプライヤーを持つ必要が無いので、場所も取らずオススメ👍

トルクレンチ

さすがに、エンジンやブレーキ、ホールなどの重要な部分ではある程度の締め付けトルクを管理しておきたいところ

値段は安いので、精度は良くないかも知れませんが

何も無いより数十倍マシです。

このトルクレンチは、コスパも良くて対応する締め付けトルクの幅が広いのでとても使いやすくて👍

ウレアグリス

ベアリング等のグリスアップにはウレアグリスが最適。

今回は、スピードメーターの対応のお話でした。

ではまた。










-バイクライフ
-

© 2020 digi-blo.com