AI生成

【AI生成】Stable Diffusion web UIのPC環境構築手順

Stable DiffusionでAI画像を生成する方法は、WEBやクラウドでも可能ですが
今回はAI生成マシンを組んだので、PCにローカル環境を構築して
好きなだけ、AI生成を楽しみたいと思います。

AI生成用のコスパマシン自作は過去記事で紹介してるので
ご参考にしていただければ↓↓

今回はStable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)をWindows11のPCに
インストールをしていきます。

インストールの流れとしては、

①Pythonのインストール
②Gitのインストール
③Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)のインストールとなります。

Pythonのインストール

まずは、下記のページからPython3.10.6のインストーラーをダウンロードします。

Python自体はバージョンが常に更新されていますが
Stable Diffusion WebUIでは「python3.10.6」が推奨されてるので
こちらをインストールします↓↓

ページの下へスクロールすると、インストーラーファイルが並んでいます。

インストーラが並んでいるのでOSの対応(bit)に合った
インストーラーファイルを選択。(私の場合64-bit)

ダウンロードした「python-3.10.6-amd64.exe」ファイルを開いて
インストーラーを起動します。

インストーラーが起動したら
「Add Python 3.10 to PATH」のチェックを入れて
「Install Now」を選択します。

「Setup was successful」の表示がでたら、
Pyhthonのインストールは完了です👍

Gitのインストール

Gitとは様々なプログラムのバージョン管理をするためのツールで
最新のStable Diffusion WebUIを利用するためにもGitをインストールが必要。

下記リンクからダウンロードページに飛びます↓↓

「Standalone Installer」より、OSに応じたインストーラーを選択します。

ダウンロードした「Git-2.43.0-64.bit.exe」を開き
インストーラーを起動します。

インストーラーが起動したら、「Next」を選択。

インストール先を選択します。
指定が無ければそのまま「Next」を選択。

次は設定は変えず、そのまま「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次も「Next」を選択。

次の「Install」でやっとGitがインストールされます。

これで、Gitのインストールが完了です👍

Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)のインストール

stable diffusion webuiを展開する保存フォルダを開きます。

マウスの右クリックをして「その他のオプションを確認」を選択。

「Open Git Bash here」を選択します。

すると、下記のプロンプト画面が表示されます。

このプロンプト画面にて下記コマンドを入力します。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui.git

コマンドが正常に実行されると
「stable-diffusion-webui」のフォルダが展開されます。

「stable-diffusion-webui」のフォルダを開き、
下の方にある、「webui-user.bat」ファイルをダブルクリックで実行すると
別のプロンプト画面が表示され、自動的にインストールが開始されます。

インストールが完了すると
プロンプト画面に「local URL: http://127.0.0.1:7860」と表示され

ブラウザにStable Diffusionが自動的に立ち上がります。

以上で無事「Stable Diffusion」のインストールは完了です👍

動作確認

動作確認をしてみます。

「txt2img」の下のプロンプト入力スペースに「future,car」と入力し
「Generate」ボタンを押します。

右下に画像が生成されます。

動作は問題なさそうです👍

画像の保存方法

生成画像の保存は、画像したのフロッピーマークを
押すことで保存可能です。

保存先フォルダは「stable-diffusion-webui\log\images」にあります。

Stable Diffusionの起動と終了操作

Stable Diffusionの終了

Stable Diffusionを終了する手順は
プロンプト画面にて、[Ctrl+C」キーを押します。

すると「バッチ ジョブを終了しますか?」と
聞かれるので、「Y」キーを入力し「Enter」キーで確定すると終了できます。

Stable Diffusionの起動

Stable Diffusionを再度起動する場合は
インストールフォルダの「webui-user.bat」を
ダブルクリックすれば起動します。

以上でStable Diffusion webUiのインストール作業は完了です。

すこしでもご参考になれば。

関連記事

【AI生成】AMDコスパPC構築

今回は最近はやりのAI生成を自分のPCでやってみたく。専用PCを自作しようと思います。 AI生成に必要最低限のスペック構 ...

続きを見る

-AI生成
-