パソコン

徹底解説!!Intel12世代CPUで自作パソコン組み立て! ~Part1~

今回は、新しく発売されたIntel12世代のCPUでパソコンを組んでいきます。

前回は、パーツ選びの話でした👍

パーツ選びのポイントなどもあるので

参考にしてみて下さい↓↓

今回は、各パーツを組み込んでいきます👍

パーツを組む際のポイントやプチレビュー含めて
ご紹介していきたいと思います。

今回もまあまあな記事のボリュームなので
2部構成で書いていこうと思います💦

この記事はこんな方におすすめ

  • 自作PCに興味がある。
  • 自分で組んでみたいけど、イマイチ手順が分からない💦

はじめて自作PCをやってみたい、という方にも

なるべく分かりやすく紹介出来ればと思います👍

パソコンパーツ構成

今回揃えたPCパーツ構成は下記。

・CPU:Intel corei5 12600K
・CPUクーラー:MSI MAG CORELIQUID 280R
・マザーボード:ASUS PRIME H670-PLUS D4
・メモリ:Corsair VENGEANCE RGB PRO 32GB
・M.2 SSD:Western Digital WDS500G WDS500G3X0C (Cドライブ)
       WESTERN DIGITAL WD Blue SN500 (Dドライブ)
・HDD:Seagate BarraCuda 3.5" 2TB 内蔵ハードディスク ST2000DM008 (データドライブ)
    WD Blue PC 3.5インチ WD20EZAZ-EC (データドライブ)
・OS:Windows11 Pro 64bit
・DVDドライブ:なし

です👍

 パソコンケースの準備

まず、初めはパーツを組み込んでいく為の

パソコンケースの準備から。

今回、購入したのはDeepCool「CG540」

このケースは2種類あって

・フロントパネルが硝子タイプ「CG540」
・フロントパネルがメッシュタイプ「CG560」

がある。

今回購入したのは、ガラスタイプの「CG540」です👍

因みにサイドパネルは両方共にガラス製

このCG540の特徴は、背面140㎜ファン

前面には120㎜のRGBファンが3つが付属している。

前面は140㎜ファンを2個に換えることも可能👍

防塵メッシュ

防塵メッシュは、天面、全面、床面の3箇所。

マグネット式なので、取り外しも簡単でメンテナンス性良し👍

床面のフィルターだけ、差し込み式

ちょっとペラペラ感があるのは残念💦

裏配線

このCG540の裏側は約2.3mm程度の配線スペースが確保されてる👍

なので、配線が多くても

難なく裏配線がやりやすくい👍これはポイント高し。

LEDコントローラ付属

そして更にフロントのボタンで操作できる

LEDコントローラも付属。

マザーボードでLEDの制御をしたい場合は、

このコントローラは使わずにマザーに配線を接続すればOK👍

パネル固定ビスがナイス!

サイドパネルは、後ろで固定するのだけど

このビスは落ちないような構造に、なっているのがすごくいい👍

もっと詳しい情報が知りたい方は
HPのリンクを張っておきます。

DeepCoolホームページ

因みに、280サイズの簡易水冷ラジエータも前面に搭載可能です👍

背面ファンの換装

今回は、まず初めにリアの140mmファンを

RGBタイプに換装しようと思います。

ちょっと前に「CoolerMaster製」の140㎜のファンを買って

ほったらかしになっていたんで、せっかくなので

交換しちゃいます。

ネジは4本で固定されているので、交換は簡単👍

裏配線をする場合は、配線の根本が

なるべく壁側に来るように、向き合わせだけ注意かな。

付属の配線確認

PCケースの配線を確認しておきます。

PCケース側の配線は

・電源
・USB
・前面ファン電源×3
・前面ファンRGB電源×3
・RGBコントローラ電源

が予め、接続されている。

下記はフロントパネルの配線たち↓↓

出典:DeepCool

これが、ファンの電源配線↓↓

予め、3つのファンは接続された状態になっている。

これがLEDのRGB配線↓↓

こちらも、3つファンとも接続されている。

注意が必要なのは、RGB線は3ピンの5ⅤアドレサブルRGBです。

LEDのRGB線は2タイプ。

LEDのRGB線は「RGB LED(12V、4ピン)」

「アドレサブルRGB(5Ⅴ、3ピン)」タイプがあるので

間違えないように注意が必要💦

細かい話は、下記のパソコン工房の記事を

参考にしてみてください↓↓

パソコン工房RGBのお話

CG540の付属のファンは、アドレサブルRGBの5V,3ピンです👍

ファン配線のパターン

ファンのRGB線はフロントパネルのボタン制御

マザーボード制御のどちらかを選ぶことが可能です。

フロントパネルのボタン制御の場合】

マニュアルにも記載がありますが、

コントローラを使う場合は、コントローラに繋がる配線を

電源に接続すればOK。

出典:DeepCool

コレね↓↓

マザーボード制御の場合】

付属の延長配線に繋ぎ変えて、RGB線と、電源線を

マザーボードの電源コネクタと、RGBコネクタに接続が必要。

出典:DeepCool

こんな感じ↓↓

これで、PCケースの準備はOK👍

マザーボード組付け

できれば、作業する前に基盤等を触る前に家のどこかの金属部分に触れて

静電気を除去しておくことをオススメします。

パソコンパーツは静電気による故障は普通にあるので💦

そしたら、マザーボードを開封し

箱に上で、作業をしていきます👍

CPUの組付け

CPUを組付ける場所はココ↓↓

ピンの保護用に、黒いカバーが付いている。

ソケットのレバーを押し下げて、ロックを解除すれば

カバーが開く。

そして、CPUを乗せる。

この時に、4箇所の切欠きの位置

端にある△マークの位置を合わせることが重要です。

ポイント

切欠きと△マーク位置を合わせる事!!

そして、黒い保護カバーは付いたままの状態

カバーを下げて、レバーを押し下げます。

この時に、黒い保護カバーは勝手に押されて外れます

最後にレバーをロックすれば、組付け完了です👍

ASUSの取説の記載↓↓

出典:ASUS

Intelのホームページに動画の紹介があったのでリンク張っておきます👍

Intel公式HP LGA1700 ソケットへのプロセッサーの取り付け

はじめての場合、多少ビビりますが

確認しながらやれば、特に難しいことは無いです👍

メモリーの組付け

メモリーの組付けの順番は先でも、後でも問題ありません。

ただし、最近はクーラーが大型化しているので

先にメモリーが組んであると、クーラーの組付け

作業性が悪いので、どちらかというとメモリーは後からの方がいいかもです👍

ちなみに、マザーボードへメモリーを差すソケットの優先順位

マザーボードメーカーによって若干違います。

今回のASUSの「PRIME_H670-PLUS_D4」では

1枚差し:B2ソケット
2枚差し:B2,A2ソケット

が推奨されています。(灰色ソケット)

出典:ASUS

まずは、マザーボードのメモリーソケットの

端にあるロックを外に倒して解除します。

最近はロックが片側にしかないのが主流ですが

左右ともにロック解除があるものもあります。

メモリーと、ソケット側の切欠き位置を合わせて
差し込みます。

メモリー全体を、少しづつゆっくりと押して差し込む。
最後に、端のロックを戻します。

同様にA2ソケットにもメモリーを差せば完了👍

メモリーの組付けは簡単なので、後からでも可能。

他の作業に邪魔なようなら、後回しにしましょう👍

M.2 SSDの組付け

お次はM.2のSSDをマザーボードに組付けます👍

メインドライブとして組付けるのは、
Western Digital WDS500G WDS500G3X0C」です。

メインドライブ、且つGen4対応のM.2ソケットはココ↓↓

ヒートシンクを取り外す(ネジ2本)

ソケットと、M.2SSDの切欠きを合わせて
ソケットに差し込みます。

この時、注意が必要なのは

取り付けるM.2SSDのチップの有無によって

裏面をサポートしてるゴムの台座

追加でゴム板を張り付ける必要があります。

出典:ASUS

その後、ヒートシンク裏の熱伝導シートの保護シートを剥がして
ヒートシンクと一緒に、M.2SSDを固定します。

これで、メインのM.2は組付けOK👍

M.2SSDの追加

Dドライブとして組付けるのもM.2SSDで
WESTERN DIGITAL WD Blue SN500 SSD M.2 PCIe Gen 3 x4 with NVME 500GB M.2 2280

今は、新しい世代のが出てるのでそっちがオススメ。

こいつは、ココのソケットに付ける↓↓

出典:ASUS

M.2SSDの基盤は長さに種類があるので
固定用のビスの受けとなる、ナットを基盤の長さに合わせて組付ける。

ナット部品は、マザーボードに付属してます。

ココのソケットに、差し込んでビスで固定する👍

これで、とりあえずはマザーボードの
準備はOKです。

追加のSSDや、HDDはSATAの線でつなぐので
ここでの作業はありません。

マザーボードをPCケースに組付ける

マザーをPCケースに組付ける前の準備としては
背面パネルを設置します。

背面パネルは、マザーボードの付属パーツとしてある。

飛び出ている爪の部分は、事前にしっかりと内側に折り込んでおく👍

パネルを、PCケースの背面部分にはめ込みます。

ただのはめ込みなので、ぐっと押し込んで

ハメるだけでOK👍

次に、PCケースのマザーボードを組む

台座ナットの位置の確認をします。

コレね↓↓

マザーボードを軽く設置して、

マザーボードに空いている穴位置
PCケースの台座の穴位置が合っているかを確認します。

大抵のマザーボードは9つくらいの固定場所です。

もし、穴位置があっていない場合は
PCケースの固定ナットの位置を調整しましょう👍

穴位置が確認出来たら、マザーボードを設置しビスで組付けていきます。

ここで注意点があります。

パソコン部品を組む際に使用するビスは2種類あって

「インチネジ」と「ミリネジ」がある。

見て分かるように、ネジのピッチが違いますね。

ネジはパソコンケースに付属されています。

マザーボードを固定する時に使用するのは

ピッチの細かい、ミリネジを使用します。

もし、良く分からない場合は

いきなり工具で締付けず

手締めでビスが奥まで回るかを確認してみましょう👍

ピッチが合わなければ、途中で止まるので分かります。

ビスの種類を間違ってしまうと

目ネジは簡単に舐めてしまうので、締めつけができなくなり

固定不良になってしまい、修復が困難になるので

しっかりと事前確認するのをオススメします👍

ポイント

ネジ種類が分からなかったら、手締めで締まるか確認しよう!!

電源の組付け

お次は電源を組付けていきます。

電源配線は、CPUとマザーボードの配線は元々接続されているので

追加で、SSD、HDDのスト―レージの配線を接続します。

今回はグラボは無いので、グラボ電源は無しです👍

電源のファンを下にして、PCケースに組み込みます。

電源固定の穴位置は決まった場所にあるので、
特に間違えることは無いと思います👍

因みに、電源の固定ビスはピッチの広い
インチネジを使用します👍

電源配線の接続

電源が設置できたら、CPUとマザーボードの電源を接続

CPU電源のソケット(8ピン)は上部にある、ココ↓↓

PCケースの背面から上まで通して、レイアウトする。

マザーボードの配線(24ピン)はココ↓↓

ゴムのカーテンから通す。

これでOK👍

次は、簡易水冷クーラーを組付けますが

続きは次回の記事で紹介いたします。

少しでもご参考になれば幸いです👍

構成PCパーツ

関連記事

-パソコン
-