" />

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】社外バイザー取り付けDIY

某オークションで売ってたのを見つけて衝動的にポチる💦 ジクサーの社外バイザーを入手したので、またまたジクサーSFプチチューンといきます👍 この記事はこんな方におすすめ 社外バイザーはどんな物? 交換した印象の変化は? 社外バイザーはダークスモークな感じで、一応透過性のある。 純正と比べると、若干中央部分が盛り上がってるイメージ。 最大で10cmくらい中央部が延長されている感じ。うん、形は悪くない👍 では、さっそく取り付け👍 カウルの取り外し バイザーを取り付ける為には、カウルを取り外していきます。 サイド ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】WR’SハンドルUPスペーサー取り付け

9月末にWR'Sさんから発売された ジクサーSF250用のハンドルUPスペーサーを購入したので 取り付けDIY&プチレビューです👍 この記事はこんな方におすすめ ハンドルUPに興味がある。 組み換え方法は? ハンドルUPの体感は? まずは開封の儀から👍 キット内容 ハンドルUPスペーサーのキット内容は下記。 ・説明書・ハンドルUPスペーサー 1セット・キャップボルト × 4本・ステッカー 一枚 スペーサーの厚みは約10㎜(1㎝)です。 スペーサーの素材は、ジュラルミン材でとても軽いです。 片方のみ ...

ReadMore

カーライフ 知らいないと損ネタ

タイヤ持込み交換 どこが安い?

前回、車のタイヤが安くてコスパの良い海外製のタイヤをご紹介しましたが いくらタイヤを安く購入しても、結局交換工賃が高ければ意味がない・・・💦 今回は近場の車の用品店での見積もりの差を調査してみました👍 注意 ・本調査結果は一例であり、金額を補償するものではありません。 この記事はこんな方におすすめ タイヤの交換工賃を安く抑えたい! 安く交換してくれるところが知りたい! コスパタイヤのオススメは過去記事を参考にしてください。 最近の海外タイヤは、値段が安いだけじゃなく 性能もそこそこで、全然問題ないですよ👍 ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】実燃費記録公開!!

今回は、4月からジクサーSF250を納車してからの 給油時の燃費計測記録を公開します。 こちらは継続して更新していく予定です👍 この記事こんな方におすすめ ジクサーSF250の燃費はいいの? 実際の燃費は? 燃費を良くするための走り方は? 注意 ・あくまでも、個人的な走行環境による燃費結果ですので、いかなる場合においてこの燃費結果を保証するものではありません。 発表前に、日常的な走行環境の条件から。 使用環境 まず、使用環境としては わたしは、通勤等では使用してません。 基本的に週末ライダーです👍 走りに ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】チェーン点検&張り調整メンテDIY

今回は、ジクサーSF250のチェーンに関してのお話。 前に、チェーンメンテのやり方はご紹介しましたが 私のジクサーは納車から5000km程度走ったので そろそろ、チェーンの張りの点検や調整を一度やってみようと思います👍 この記事はこんな方におすすめ 自分でチェーンの張り調整を自分でやってみたい。 やり方が知りたい。 注意 ご紹介する作業を参考にされる場合は、いかなる場合も保証致しませんので必ず自己責任の上実施ください。 不安な方はショップにお願いしましょう。 まずはチェーンの点検から👍 チェーン点検 作業 ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】点火プラグメンテDIY

今回は、ジクサーSF250の点火プラグをチェックしてみたので それに付随する、プラグメンテのお話。 この記事はこんな方におすすめ ジクサーのプラグメンテ、交換を自分でやってみたい! メンテ、交換に注意するべき点は? では、やってみよ~👍 プラグ取り外し手順 プラグを外す前に、周辺のカウルを取り外します。 作業の前に、IGのキーがOFFになっているのを確認しましょう。 キーを抜いておくことをオススメします👍 カウル取り外し ①シート取り外し。 まずは、リアシートと、メインのシートを取り外します。 リアシート ...

ReadMore

パソコン 知らいないと損ネタ

【Windows10】過去リビルトのISOイメージをダウンロードする方法

今回はWindows10のOSデータの過去のVerのイメージをダウンロードする方法をご紹介。 2020年8月現在、WindowsのOSデータの最新データのVerは2004となっており 5月にアップデートされたばかりです。 しかしながら今回のアップデートは不具合が多く💦 新規でインストールする際にうまくライセンス認証ができなかったりすることが 当方であったため、一つ前の1909のリビルトVerをダウンロードを使用と思った際に 行き着いたのでご紹介します。 この記事はこんな方におすすめ WindowsのOSイ ...

ReadMore

商品レビュー

TINECO 「A11 Danimo」コードレス サイクロン掃除機レビュー

今回は、新しくコードレス掃除機を買ったのでそのレビューです。 コードレスでコスパの良い掃除機をお探しの方にはオススメです。 ご参考になれば幸いです。 TINECOのコードレス掃除機 今回買かったのは、AMAZONで販売されている「TINECO製」のコードレス掃除機。 「A11 Danimo」です。 コードレス サイクロンクリーナーでは「Dyson(ダイソン)」が超有名ですが やっぱりお高いのがネックです💦 そこで、良さそうなの無いかな?と見つけたのがTINECOの掃除機。 付属品のセット内容をみてもかなり ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】締め付けトルク一覧

ジクサーSF250の整備に必要な締め付けトルクを一覧にまとめました。 一般的な整備に必要な作業をピックアップしています。 ご参考にしていただければ幸いです。 適応モデル 適応モデル GSX250RL/FRL 車体番号 通称名:ジクサー 車名及び型式:スズキ 2BK-ED22B営業機種記号開始車体番号GSX250FRLM0ED22B-100001 -GSX250RLM0ED22B-100013 - ジクサーの正式モデル名は ジクサーSF250:GSX250F ジクサー250:GSX250 みたいです。初めて ...

ReadMore

カーライフ 商品レビュー 知らいないと損ネタ

19インチ扁平タイヤが7000円!?オススメ超コスパタイヤ!!

今回は、車のタイヤが消耗してきたので 交換がてら、車のタイヤの話と 扁平タイヤでも超コスパの良いタイヤのオススメのお話。 この記事こんな方におすすめ タイヤで知っ得あれこれ 扁平タイヤは高い⁉ 扁平タイヤでオススメは? まずはじめに、タイヤのうんちくの話👍 タイヤの表記 よくタイヤのサイズは?と聞かれた時に 225/65 R17ですね👍とか 暗号のように言われたりしますね。 そもそも、その暗号の意味って何でしょう? 表記の意味 タイヤのサイズには、キチンと規定があって そのサイズを表すルール見たいのがあり ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】ラッピングでドレスアップDIY

今回は、ジグサーSF250 の外観のドレスアップに

チャレンジしていきたいと思います👍

この記事こんな方におすすめ

  • カーボンチューンのオススメ。
  • ラッピングのコツ。
  • カーボンラッピングチューンでどう変わる?

外装関係でカッコよく変化させるとしたら

パーツ交換

塗装で色を変える

ステッカーチューン

なんですが、なるべくお金は掛けたくない

塗装して失敗したくない。

様々なステッカーでベタベタするのも、センスが必要・・・。

ということで、私が行き着いたのは

カーボン調のステッカーやラッピングによる外装チューンです👍

ラッピングのメリット

ステッカー及び、ラッピングによる外装チューンがオススメなのは

やり直しが可能

剥がして、元に復元可能

自分でやれば低コストで済む

ってところでしょうか。

ラッピングの箇所

カーボンラッピングをする場所は

取り外し可能で、アクセント的になる場所に決めました。

①フロントパネルのサイド部分

②サイドカウルの樹脂パーツ部分

③シート下の樹脂カウル部分

④フロントスプロケットカバー

ココは凸凹なので、難易度高そう~💦

パーツの取り外し

各部のパーツを取り外していきます。

カウル関係の取り外しは過去記事をご参考にしてください。

【ジクサーSF250】USB電源取り付けDIY!! ~Part1~

今回もコロナで自粛なので、バイク弄りしまっす💦 バイクで何処へ行くにも、スマホでナビを使うと便利ですよね👍 ただ、電気の ...

続きを見る

その他のカウルもどんどん外していきます👍

細かな、取り外しの手順は省いてしまっていますが💦

六角と、プラスネジ、プッシュリベットのみなので特殊工具はいらず外せます👍

また、何かのタイミングでご紹介できたらしたいと思います。

ラッピング前準備

洗浄、脱脂

外したパーツは、台所の中性洗剤で油分を落とします。

その後、きれいに拭きあげてシリコンオフで脱脂します。

シリコンオフを使うときは、シンナーの匂いが強いので

必ず換気をしながらスプレーすることをオススメします。

大特に樹脂パーツなどは、シリコンオフで脱脂するのとしないのでは

仕上がりに差が出るとか・・・。

ラッピング道具

ラッピングに使うのは、Amazonで300㎝✖30㎝で2000円もしない

安いラッピングシートです。

お高いシートの方が貼りやすいし、ミスもすくないのは分かるのですが

はじめてのラッピングで、お高いシートをおじゃんにはしたくないので

練習も兼ねて、安いシートでトライしていきます。

あと、スキージーとコーキングヘラ

あるとエア抜きや隙間を綺麗に這わせることが

できるので、あると便利です👍

ラッピング作業

あくまでも、私がトライしたやり方ですが

大まかなイメージとして持ってもらえればよいかと思います👍

一発で綺麗に貼れることは多分ないので💦

何度か調整して、コツをつかんでいくと良いと思います。

①シートの切り出し

まずは、張り付けるパーツに合わせて

大きめに寸法を取って、切り取ります。

寸法取は結構大き目で良いかと。

あまり形状に合わせすぎると、引っ張って張り付ける際に

引っ張りつらくなって、綺麗に伸びなかったり、足りなくなったりします💦

一度、ドライヤーでシートをしっかり温めて

ロールのクセを取ります。

こうすることで、巻きクセがとれて張りやすくなります👍

②貼り付け作業

パーツを当てて、少しずつ局面に沿って貼り合わせていきます。

貼っていく際のコツは

都度ドライヤーで温める事。

(シートがテローンて柔らかくなるくらいまで)

 温めることで、シートがしんなりして局面に這わせやすくなります👍

初めから、引っ張って延ばして貼らなくて良い。

 あまり、引き伸ばしながら貼っていくと

 局面などが後から浮いてきたり、

 生地が伸びて、カーボン調にムラが出てしまいます。

引っ張るのは、シワになりそうな部分や端の部分が良いです。

端の折り返しの部分は2㎝程度を見越しておくとしっかり貼れます。

凹凸の部分や、爪の部分は切れ目を入れて逃がしながら貼っていきます。

③仕上げのポストヒーティング

パーツをラッピングし終えたら、最後にポストヒーティングをします。

これをやると、やらないでは

仕上がりに大分影響が出ますので、しっかりやることをオススメします。

ポストヒーティングとは?

ポストヒーティングとは簡単に言うと、シートを

張り付けた状態の形状で固定させることです。

ラッピングシートの素材は熱を掛けることで、縮む作用があるため

凹みのある局面などの場合、初めはちゃんと貼れているように見えても

次第に戻ろうとして、浮き始めてしまいます。

ポストヒーティングも熱をかけるのは同じなのですが

一定以上の熱を掛けることで、シートは元に縮み戻る作用を

無くすことができます。

それは90℃程度の温度で温めることで、作用するようです。

シートを張り付けた状態で、ドライヤーをしっかり当てて

熱を加えていきます。

本来プロの方々は、放射温度計でしっかり温度管理をしながら

やるみたいですが、今回はそのままザックリで強行します💦

④1,2日放置

貼り付けが終われば、すぐに組付けても問題ないのですが

素人の自分の場合、後からシートが浮いてきたり

修復や、シートの張り直しの為

3,4回バイクの外装をバラシ直すはめになりました💦

なので、シートを張り終えた際には1日~2日程度放置して

浮きなどが無いか状態の確認をしてからでも良いかな?

と思っています。

組付け

各パーツにシートを張り終えたら

バイクにフェアリングを組付けていきます。

フロントのピラー部分

サイドカウルの部分

テールカウルの部分

チェーンケース

グリップエンド

純正グリップエンドの一部だけ、ラッピング。

全体

ポイントポイントで、カーボン調が見えて

良いアクセントになってる気がします👍

タンクキャップパッド

タンクキャップ部分のステッカーチューンもしていこうと思います。

購入したのは「SSK カーボンタンクキャップパッド SUZUKIタイプ2」です

ジクサーのキャップデザインと同じタイプ👍

貼り付け作業

①脱脂

貼り付けを行う前に、タンクキャップをしっかり脱脂します。

パーツクリーナーを直接掛けるのではなく

ウエスに染み込ませて、拭きあげる感じで脱脂します。

ちゃんと、脱脂しないと剥がれやすくなったり

浮いてきてしまうことがあります。

②貼り付け

貼り付けるときに位置を調整しながら貼るのですが

この時、ステッカーを指で持つよりピンセットがあると

とても位置合わせがしやすくてオススメ👍

また、剥がしたステッカーの向きが分からなくならないように

台紙に張ってある状態で、貼る位置を確認しながらやると

ミスなくできるかと。

タンクキャップのビフォーアフターはこちら

また、ガラリと印象変わってカッコイイ👍

ピラー部のカーボン調ともいい感じでマッチしてます👍

今回は、カーボン調のラッピングで簡単見た目チューンDIYのお話でした。

ラッピングは、簡単ではないですが

少しづつコツをつかんでいくと、綺麗に仕上がるかと思いますので

是非トライしてみては?

ご参考になれば幸いです。

DIYアイテム

シリコンオフ

樹脂パーツの脱脂には、パーツクリーナよりシリコンオフの方がオススメ。

但し、有機溶剤の匂いが強いので必ず換気してスプレーをしましょう。

ヒートガン

ラッピング作業自体は、ドライヤーでも事足りますが

最後のポストヒーティングの際はヒートガンがあると便利。

ラッピングカーボンフィルム

安いくて、大きいサイズなのでオススメ。

はじめてトライする場合は、ツールセットが👍

何度も挑戦して、コツを掴んでいくべし。

カーボンタンクキャップパッド

これは、シールのように貼るだけで

簡単にドレスアップできるし、カッコイイので

是非オススメしたい👍










-バイクライフ
-,

© 2020 digi-blo.com