" />

商品レビュー

【AMZHOOZ】USB足温器 洗えるフットウォーマー レビュー

今回は、USBタイプのフットウォーマーのレビューです👍 私は、足がかなりの冷え性でこの冬場はかなり堪えます・・・。 きっと、足が温かくなれば体もぽかぽかするはず!ってことで ポチって見ました👍 この記事はこんな方におすすめ フットウォーマーの使い心地は? 電気代はどれくらい? オススメのフットウォーマーは? ということで、開封の儀やスペックから👍 AMZHOOZのフットウォーマー とりあえず、お試しってことでamazonで割安のやつを選んで購入しました。 送られてきた、入れ物は大分薄っぺらいものが届いた💦 ...

ReadMore

カーライフ 知らいないと損ネタ

【車検の速太郎】車検時の工賃をお得にする裏技!?

もう、車検の時期です・・・。 2年は速いですね。 というわけで、今年も近くの車検の速太郎さんにお世話になります。 車検の速太郎は過去記事で紹介してるので、まずこちらを見てもらうと良いと思います↓↓ 前回の車検時と変わったことや 車検時に掛かる費用を割安にできるポイントをお伝えできればと思います。 また、今回掛かった車検費用も最後に公開します👍 前回と変わった点 車検は20年の12月に受けましたがいつも通り、予約をして車検に挑んでます。 過去に車検の速太郎で何かしらの整備や、点検、車検などを受けていれば 本 ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

RUEDAMANN バイクスタンド レビュー

今回は、バイク後ろスタンドを購入したので紹介と、プチレビューをしていこうと思います。 大して使わないけど、バイクスタンドってちょっと憧れてたんですよね👍 この記事はこんな方におすすめ コスパの良いバイクスタンドを探している。 安くてもしっかりしたのがいい。 RUEDAMANN というわけで、今回買ったバイク後ろスタンドはRUEDAMANNという聞いたことのないメーカー。 amazonでも、出たばっかりなのか全然、レビューがない💦 安いのと、見た目頑丈そうってだけでポチって見ました💦 Ruedamann オ ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】Sutekus バイク用シートバッグ レビュー

今回は、ちょっとした荷物バッグが欲しくて ジクサーに合いそうなシートバッグを探して見ます👍 この記事はこんな方におすすめ コスパの良いシートバッグが欲しい! ジクサーSFとの見た目は? シートバッグの取り付け方法は? 今回かったシートバッグは、コレ👍 Sutekusのシートバッグ amazonで安かったし、評判良かったので買ってみました👍 Sutekusという良く分からんブランドのシートバッグ💦 前面はジッパーで空くタイプで開いた面にもジッパーが付いて 小物が入るような感じになっています👍 う~ん、何入れ ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】ハンドルグリップ交換DIY

バイク量販店にたまたま立ち寄ったところハンドルグリップの手触りに感動を覚えて(笑) 思わず衝動買いしてしまったので・・・💦 今回はハンドルグリップ交換のDIYです👍 この記事はこんな方におすすめ グリップを交換するときの手順は? 交換するときの注意ポイントは? オススメのグリップは? 今回かったグリップはコレ↓↓ デイトナ PROGRIP DAYTONAの「PROGRIP」のスーパーバイクグリップ#724耐震GELです。 これは、耐震ゲルの仕様のグリップでアウターラバー(ソフト)&インナーラバー( ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】ドライブレコーダーEDR-21Gレビュー

前回、ジクサーSF250にドライブレコーダー「EDR-21G」を取り付けたので 今回は、そのレビューです。 この記事はこんな方におすすめ EDR-21Gの操作感は? 画像の解像度は? EDRシリーズなら何がオススメ? 商品の開封や車両への取り付け方法を参考にされたい方は過去記事をみてみてください👍 まずは、メーカースペックから メーカー EDRシリーズのバイク用ドライブレコーダーを販売しているのは 「ミツバサンコーワ」と言って東京に本社がある。 カー用品(主にホーン、汎用パーツ)バイク用品(主にETC、レ ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサ-SF250 】バイクドライブレコーダーEDR-21G取り付けDIY

今回は、バイク用ドライブレコーダーを購入したので、その取り付けを自分でやろうってお話。 ドライブレコーダーをお店で付けてもらおうとすると 工賃が1万前後掛かるみたいなので 勿体無いので自分でチャレンジします👍 基本的に設置のイメージはどのドライブレコーダーも同じかと思うので ドライブレコーダーを取り付けに悩んでいる方は参考にしてみて下さい👍 この記事はこんな方におすすめ ドライブレコーダーの取り付け方を知りたい。 取り付けに注意するポイントは? 注意 ご紹介する作業はあくまで参考であり、如何なる保証をする ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】アフターパーツまとめ .2

前回に続き ジクサーのアフターパーツの紹介。 フロントからエンジン回りのアフターパーツに関しては 過去記事を参考にしてみて下さい。 今回はその続編です。 バイクの後ろ半分のアフターパーツを紹介していきます👍 この記事こんな方におすすめ ジクサーに合うアフターパーツを探してる。 オススメは? ステップ ステップの足回りからリア周辺まで まとめて紹介していきます👍 レース用フットペグキット WIZH(ウィズ)から出ているバックステップキット。 カラーも6種類あって、削り出しの為 メッチャカッコイイ👍 ペダルの ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】フロントフォークトップキャップDIY

先回にご紹介した、WR'SのハンドルUPキットですが やっぱり、スペーサを噛ませた分 ハンドルブラケットと、フォークの段差が気になってしまいます💦 そこを今回は何とかしようと思います👍 この記事はこんな方におすすめ 段差をなんとかしたい。 丁度いいカバーみたいなアイテムないの? とりあえず、ハンドルUPキットを組んだ今の状況から。 ハンドルUPキット ジクサーSFのハンドルUPキットはWR'Sから販売されてます。 10㎜(1㎝)の厚みで、手前斜めに上がる感じです。 この厚み、結構絶妙にいい感じです👍 ハン ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】アフターパーツまとめ.1

コロナのせいで、販売が遅れていた新型ジクサーも 少しずつ販売再開されているそうで、アフターパーツも少しずつ出始めています。 今まで紹介したものから、自分が気になるもの含めて いくつかのジクサ―SF250のアフターパーツを総特集でご紹介していきます👍 基本的にジクサー250も寸法や設計は同じなので、流用可能なのがほとんどです。 この記事はこんな方におすすめ ジクサーのアフターパーツを探してる。 オススメは何? 部位別にご紹介していきます👍 フロント&ハンドル周り まずは車両フロント部周りのパーツから ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサーSF250】ラッピングでドレスアップDIY

今回は、ジグサーSF250 の外観のドレスアップに

チャレンジしていきたいと思います👍

この記事こんな方におすすめ

  • カーボンチューンのオススメ。
  • ラッピングのコツ。
  • カーボンラッピングチューンでどう変わる?

外装関係でカッコよく変化させるとしたら

パーツ交換

塗装で色を変える

ステッカーチューン

なんですが、なるべくお金は掛けたくない

塗装して失敗したくない。

様々なステッカーでベタベタするのも、センスが必要・・・。

ということで、私が行き着いたのは

カーボン調のステッカーやラッピングによる外装チューンです👍

ラッピングのメリット

ステッカー及び、ラッピングによる外装チューンがオススメなのは

やり直しが可能

剥がして、元に復元可能

自分でやれば低コストで済む

ってところでしょうか。

ラッピングの箇所

カーボンラッピングをする場所は

取り外し可能で、アクセント的になる場所に決めました。

①フロントパネルのサイド部分

②サイドカウルの樹脂パーツ部分

③シート下の樹脂カウル部分

④フロントスプロケットカバー

ココは凸凹なので、難易度高そう~💦

パーツの取り外し

各部のパーツを取り外していきます。

カウル関係の取り外しは過去記事をご参考にしてください。

【ジクサーSF250】USB電源取り付けDIY!! ~Part1~

今回もコロナで自粛なので、バイク弄りしまっす💦 バイクで何処へ行くにも、スマホでナビを使うと便利ですよね👍 ただ、電気の ...

続きを見る

その他のカウルもどんどん外していきます👍

細かな、取り外しの手順は省いてしまっていますが💦

六角と、プラスネジ、プッシュリベットのみなので特殊工具はいらず外せます👍

また、何かのタイミングでご紹介できたらしたいと思います。

ラッピング前準備

洗浄、脱脂

外したパーツは、台所の中性洗剤で油分を落とします。

その後、きれいに拭きあげてシリコンオフで脱脂します。

シリコンオフを使うときは、シンナーの匂いが強いので

必ず換気をしながらスプレーすることをオススメします。

大特に樹脂パーツなどは、シリコンオフで脱脂するのとしないのでは

仕上がりに差が出るとか・・・。

ラッピング道具

ラッピングに使うのは、Amazonで300㎝✖30㎝で2000円もしない

安いラッピングシートです。

お高いシートの方が貼りやすいし、ミスもすくないのは分かるのですが

はじめてのラッピングで、お高いシートをおじゃんにはしたくないので

練習も兼ねて、安いシートでトライしていきます。

あと、スキージーとコーキングヘラ

あるとエア抜きや隙間を綺麗に這わせることが

できるので、あると便利です👍

ラッピング作業

あくまでも、私がトライしたやり方ですが

大まかなイメージとして持ってもらえればよいかと思います👍

一発で綺麗に貼れることは多分ないので💦

何度か調整して、コツをつかんでいくと良いと思います。

①シートの切り出し

まずは、張り付けるパーツに合わせて

大きめに寸法を取って、切り取ります。

寸法取は結構大き目で良いかと。

あまり形状に合わせすぎると、引っ張って張り付ける際に

引っ張りつらくなって、綺麗に伸びなかったり、足りなくなったりします💦

一度、ドライヤーでシートをしっかり温めて

ロールのクセを取ります。

こうすることで、巻きクセがとれて張りやすくなります👍

②貼り付け作業

パーツを当てて、少しずつ局面に沿って貼り合わせていきます。

貼っていく際のコツは

都度ドライヤーで温める事。

(シートがテローンて柔らかくなるくらいまで)

 温めることで、シートがしんなりして局面に這わせやすくなります👍

初めから、引っ張って延ばして貼らなくて良い。

 あまり、引き伸ばしながら貼っていくと

 局面などが後から浮いてきたり、

 生地が伸びて、カーボン調にムラが出てしまいます。

引っ張るのは、シワになりそうな部分や端の部分が良いです。

端の折り返しの部分は2㎝程度を見越しておくとしっかり貼れます。

凹凸の部分や、爪の部分は切れ目を入れて逃がしながら貼っていきます。

③仕上げのポストヒーティング

パーツをラッピングし終えたら、最後にポストヒーティングをします。

これをやると、やらないでは

仕上がりに大分影響が出ますので、しっかりやることをオススメします。

ポストヒーティングとは?

ポストヒーティングとは簡単に言うと、シートを

張り付けた状態の形状で固定させることです。

ラッピングシートの素材は熱を掛けることで、縮む作用があるため

凹みのある局面などの場合、初めはちゃんと貼れているように見えても

次第に戻ろうとして、浮き始めてしまいます。

ポストヒーティングも熱をかけるのは同じなのですが

一定以上の熱を掛けることで、シートは元に縮み戻る作用を

無くすことができます。

それは90℃程度の温度で温めることで、作用するようです。

シートを張り付けた状態で、ドライヤーをしっかり当てて

熱を加えていきます。

本来プロの方々は、放射温度計でしっかり温度管理をしながら

やるみたいですが、今回はそのままザックリで強行します💦

④1,2日放置

貼り付けが終われば、すぐに組付けても問題ないのですが

素人の自分の場合、後からシートが浮いてきたり

修復や、シートの張り直しの為

3,4回バイクの外装をバラシ直すはめになりました💦

なので、シートを張り終えた際には1日~2日程度放置して

浮きなどが無いか状態の確認をしてからでも良いかな?

と思っています。

組付け

各パーツにシートを張り終えたら

バイクにフェアリングを組付けていきます。

フロントのピラー部分

サイドカウルの部分

テールカウルの部分

チェーンケース

グリップエンド

純正グリップエンドの一部だけ、ラッピング。

全体

ポイントポイントで、カーボン調が見えて

良いアクセントになってる気がします👍

タンクキャップパッド

タンクキャップ部分のステッカーチューンもしていこうと思います。

購入したのは「SSK カーボンタンクキャップパッド SUZUKIタイプ2」です

ジクサーのキャップデザインと同じタイプ👍

貼り付け作業

①脱脂

貼り付けを行う前に、タンクキャップをしっかり脱脂します。

パーツクリーナーを直接掛けるのではなく

ウエスに染み込ませて、拭きあげる感じで脱脂します。

ちゃんと、脱脂しないと剥がれやすくなったり

浮いてきてしまうことがあります。

②貼り付け

貼り付けるときに位置を調整しながら貼るのですが

この時、ステッカーを指で持つよりピンセットがあると

とても位置合わせがしやすくてオススメ👍

また、剥がしたステッカーの向きが分からなくならないように

台紙に張ってある状態で、貼る位置を確認しながらやると

ミスなくできるかと。

タンクキャップのビフォーアフターはこちら

また、ガラリと印象変わってカッコイイ👍

ピラー部のカーボン調ともいい感じでマッチしてます👍

今回は、カーボン調のラッピングで簡単見た目チューンDIYのお話でした。

ラッピングは、簡単ではないですが

少しづつコツをつかんでいくと、綺麗に仕上がるかと思いますので

是非トライしてみては?

ご参考になれば幸いです。

DIYアイテム

シリコンオフ

樹脂パーツの脱脂には、パーツクリーナよりシリコンオフの方がオススメ。

但し、有機溶剤の匂いが強いので必ず換気してスプレーをしましょう。

ヒートガン

ラッピング作業自体は、ドライヤーでも事足りますが

最後のポストヒーティングの際はヒートガンがあると便利。

ラッピングカーボンフィルム

安いくて、大きいサイズなのでオススメ。

はじめてトライする場合は、ツールセットが👍

何度も挑戦して、コツを掴んでいくべし。

カーボンタンクキャップパッド

これは、シールのように貼るだけで

簡単にドレスアップできるし、カッコイイので

是非オススメしたい👍










-バイクライフ
-,

© 2021 digi-blo.com