ジクサーSF250 商品レビュー

【ジクサーSF250】パーツまとめ .part3

ジクサーのパーツ紹介第3弾。

今回は、電装系パーツを中心として紹介していきます👍

エンジン廻り、車体関係のパーツ紹介は過去記事で紹介しているので
参考にしてみて下さい↓↓

まず初めは、追加電源👍

電源取り出しユニット

電源パーツを付けるにしても、バッテリーから直接電源を取り出すと
バッテリーがすぐに上がってしまう💦

それを回避するためにも、ACC(アクセサリー電源)経由で
電源が入るユニットがオススメ👍

D-UNIT

DAYTONAからでている、ACC電源経由で電源を取り出すことができる「D-UNIT」

電源はメインキーのON/OFFと連動するため、
バッテリー上がりの心配は不要👍

このD-UNITは取り出しを4系統まで分けられるのが良い。

USB電源、グリップヒーター、ドラレコなど複数の電源取り出しに活用可能👍

TOTAL電源容量は20Aまで対応。

私のジクサーにも付けてます👍

過去記事で紹介しているので、参考にしてみて下さい↓↓

ACC電源取り出し配線

単純にACC電源(アクセサリー電源)のみ取り出せれば良いのであれば
これがオススメ👍

配線加工なしで、シート下のカプラに割り込ませるだけ
簡単にACC電源が取り出せる👍

ウィンカー

シーケンシャルウィンカーとか付けてみたいなーって思ったら
POSHから出ているウィンカーがオススメ👍

下記セットなら、特殊な加工なしで取り付けが可能。

取付るためのウィンカーステーも必要。

ステーを取り付けるマウントも必要。

前後4つのウィンカーを取り付ける場合はマウントが2セット必要。

ハイフラ防止のウィンカーリレーも必要になります。

下記はカチカチの作動音ありのタイプ

中華ウィンカー

もっと安価に押さえたいなら、中華のウィンカーも有り。

ただし、ネジ径に合うステーが無かったり
ウィンカーのネジピッチが特殊っだったりするので

自分で加工が必要💦

これを付ける為の加工方法は、
過去記事で紹介しているので、挑戦してみたい方はご参考に↓↓

USB電源

スマホや、伝熱グローブなどの電源供給には
フロント廻りにUSB接続口が必要不可欠👍

DAYTONAの薄型USB口なら、スマートに設置できるのでオススメ👍

1個口、2個口、USBtype-C口の3種類がある。

バッテリー

バッテリーも2年~3年で交換が必要。

ジクサーに搭載されているバッテリー型式は「YTX7L-BS」です。

今どきのメンテナンスフリーのバッテリー👍

交換するなら、安心の国内品質のバッテリーである
GSユアサがオススメ。

多くの車両に純正バッテリーとして採用されている信頼性は間違いなし!!

FURUKAWA (古河電池)製

割安のバッテリーが希望なら、FURUKAWAのバッテリーも有名でオススメ。

こちらも国内メーカーで信頼性高し👍

バッテリーチャージャー

冬の間は、バイクに乗りたくても乗れないことが多い💦

そんな時に気になるのは、バッテリー上がり。

定期的の補充電をしてメンテナンスしてあげることで

バッテリーの寿命をグンと延ばすことができる👍

DAYTONA製

バイクバッテリー専用チャージャー。

充電を自動でストップする機能とサルフェーション除去機能付き。

本体は、IP65相当の防滴・防塵仕様。

対応バッテリー容量:二輪自動車2.3Ah~28Ah

対応バッテリー種類:二輪自動車ベント型バッテリー、シールドバッテリー、VRLAバッテリー、ジェルバッテリー

スーパーナット(SUPERNATTO)製

安価でシンプルなタイプなら、これがオススメ👍

バイク専用チャージャー。

密閉型、開放型、シールド型、MF型、AGMタイプ、GELタイプの
全ての鉛バッテリーに対応。

逆接続保護、ショート保護機能付き。

バッテリ容量は30Ahまで対応。

今回はジクサーに使える、電装系アイテムの紹介でした~👍

オススメがあれば、随時更新していきます。

ご参考になれば幸いです。

関連記事

-ジクサーSF250, 商品レビュー