" />

商品レビュー

【AMZHOOZ】USB足温器 洗えるフットウォーマー レビュー

今回は、USBタイプのフットウォーマーのレビューです👍 私は、足がかなりの冷え性でこの冬場はかなり堪えます・・・。 きっと、足が温かくなれば体もぽかぽかするはず!ってことで ポチって見ました👍 この記事はこんな方におすすめ フットウォーマーの使い心地は? 電気代はどれくらい? オススメのフットウォーマーは? ということで、開封の儀やスペックから👍 AMZHOOZのフットウォーマー とりあえず、お試しってことでamazonで割安のやつを選んで購入しました。 送られてきた、入れ物は大分薄っぺらいものが届いた💦 ...

ReadMore

カーライフ 知らいないと損ネタ

【車検の速太郎】車検時の工賃をお得にする裏技!?

もう、車検の時期です・・・。 2年は速いですね。 というわけで、今年も近くの車検の速太郎さんにお世話になります。 車検の速太郎は過去記事で紹介してるので、まずこちらを見てもらうと良いと思います↓↓ 前回の車検時と変わったことや 車検時に掛かる費用を割安にできるポイントをお伝えできればと思います。 また、今回掛かった車検費用も最後に公開します👍 前回と変わった点 車検は20年の12月に受けましたがいつも通り、予約をして車検に挑んでます。 過去に車検の速太郎で何かしらの整備や、点検、車検などを受けていれば 本 ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

RUEDAMANN バイクスタンド レビュー

今回は、バイク後ろスタンドを購入したので紹介と、プチレビューをしていこうと思います。 大して使わないけど、バイクスタンドってちょっと憧れてたんですよね👍 この記事はこんな方におすすめ コスパの良いバイクスタンドを探している。 安くてもしっかりしたのがいい。 RUEDAMANN というわけで、今回買ったバイク後ろスタンドはRUEDAMANNという聞いたことのないメーカー。 amazonでも、出たばっかりなのか全然、レビューがない💦 安いのと、見た目頑丈そうってだけでポチって見ました💦 Ruedamann オ ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】Sutekus バイク用シートバッグ レビュー

今回は、ちょっとした荷物バッグが欲しくて ジクサーに合いそうなシートバッグを探して見ます👍 この記事はこんな方におすすめ コスパの良いシートバッグが欲しい! ジクサーSFとの見た目は? シートバッグの取り付け方法は? 今回かったシートバッグは、コレ👍 Sutekusのシートバッグ amazonで安かったし、評判良かったので買ってみました👍 Sutekusという良く分からんブランドのシートバッグ💦 前面はジッパーで空くタイプで開いた面にもジッパーが付いて 小物が入るような感じになっています👍 う~ん、何入れ ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】ハンドルグリップ交換DIY

バイク量販店にたまたま立ち寄ったところハンドルグリップの手触りに感動を覚えて(笑) 思わず衝動買いしてしまったので・・・💦 今回はハンドルグリップ交換のDIYです👍 この記事はこんな方におすすめ グリップを交換するときの手順は? 交換するときの注意ポイントは? オススメのグリップは? 今回かったグリップはコレ↓↓ デイトナ PROGRIP DAYTONAの「PROGRIP」のスーパーバイクグリップ#724耐震GELです。 これは、耐震ゲルの仕様のグリップでアウターラバー(ソフト)&インナーラバー( ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】ドライブレコーダーEDR-21Gレビュー

前回、ジクサーSF250にドライブレコーダー「EDR-21G」を取り付けたので 今回は、そのレビューです。 この記事はこんな方におすすめ EDR-21Gの操作感は? 画像の解像度は? EDRシリーズなら何がオススメ? 商品の開封や車両への取り付け方法を参考にされたい方は過去記事をみてみてください👍 まずは、メーカースペックから メーカー EDRシリーズのバイク用ドライブレコーダーを販売しているのは 「ミツバサンコーワ」と言って東京に本社がある。 カー用品(主にホーン、汎用パーツ)バイク用品(主にETC、レ ...

ReadMore

バイクライフ

【ジクサ-SF250 】バイクドライブレコーダーEDR-21G取り付けDIY

今回は、バイク用ドライブレコーダーを購入したので、その取り付けを自分でやろうってお話。 ドライブレコーダーをお店で付けてもらおうとすると 工賃が1万前後掛かるみたいなので 勿体無いので自分でチャレンジします👍 基本的に設置のイメージはどのドライブレコーダーも同じかと思うので ドライブレコーダーを取り付けに悩んでいる方は参考にしてみて下さい👍 この記事はこんな方におすすめ ドライブレコーダーの取り付け方を知りたい。 取り付けに注意するポイントは? 注意 ご紹介する作業はあくまで参考であり、如何なる保証をする ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】アフターパーツまとめ .2

前回に続き ジクサーのアフターパーツの紹介。 フロントからエンジン回りのアフターパーツに関しては 過去記事を参考にしてみて下さい。 今回はその続編です。 バイクの後ろ半分のアフターパーツを紹介していきます👍 この記事こんな方におすすめ ジクサーに合うアフターパーツを探してる。 オススメは? ステップ ステップの足回りからリア周辺まで まとめて紹介していきます👍 レース用フットペグキット WIZH(ウィズ)から出ているバックステップキット。 カラーも6種類あって、削り出しの為 メッチャカッコイイ👍 ペダルの ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】フロントフォークトップキャップDIY

先回にご紹介した、WR'SのハンドルUPキットですが やっぱり、スペーサを噛ませた分 ハンドルブラケットと、フォークの段差が気になってしまいます💦 そこを今回は何とかしようと思います👍 この記事はこんな方におすすめ 段差をなんとかしたい。 丁度いいカバーみたいなアイテムないの? とりあえず、ハンドルUPキットを組んだ今の状況から。 ハンドルUPキット ジクサーSFのハンドルUPキットはWR'Sから販売されてます。 10㎜(1㎝)の厚みで、手前斜めに上がる感じです。 この厚み、結構絶妙にいい感じです👍 ハン ...

ReadMore

バイクライフ 商品レビュー

【ジクサーSF250】アフターパーツまとめ.1

コロナのせいで、販売が遅れていた新型ジクサーも 少しずつ販売再開されているそうで、アフターパーツも少しずつ出始めています。 今まで紹介したものから、自分が気になるもの含めて いくつかのジクサ―SF250のアフターパーツを総特集でご紹介していきます👍 基本的にジクサー250も寸法や設計は同じなので、流用可能なのがほとんどです。 この記事はこんな方におすすめ ジクサーのアフターパーツを探してる。 オススメは何? 部位別にご紹介していきます👍 フロント&ハンドル周り まずは車両フロント部周りのパーツから ...

ReadMore

バイクライフ

【セロー225 2LN】 キャブレターの構造のお話

今回は、やっと乗り始めてバイクの調子が見えてきたので

キャブをセッティングの見直しをしようと思います。

私のセローには、前オーナーから「KEIHIN PE28 」キャブレターが

すでに洗浄されている状態だったので

シール関係を新しくして、組んであります。

その時の記事はこちら↓↓

[セロー225 2LN] PE28キャブ分解組付け

今回は、セローのキャブを弄るお話。 バイク修理作業はサービスマニュアルや、組付け指示書なるものは全く参考にしないでの作業 ...

続きを見る

今の時代、バイクもFI(フューエルインジェクション)化がほとんどですが

まだまだ、キャブレター搭載のバイクも多くあります。

なのでキャブレターの構造から、改めて勉強していきたいと思います👍

そもそもキャブレターって?

そもそもキャブレターってどんな構造で

どんな役割をもっているのでしょう?

キャブレターの役割

結論から言うと、キャブレターの基本的な役割は

燃料と空気を混合させて、混合気を作ることにあります。

エンジンが回るには3大要素というものがあります。

①良い混合気

②良い圧縮

③良い火花

これらが、成立しないとエンジンは回りません。

逆にいうと、エンジンが不調な場合は

このどれかがうまくいっていないことになります💦

その役割の中でキャブレターは、良い混合気を作り出す存在になります。

キャブレターの原理

キャブレターの構造は、ざっくりいうと霧吹きみたいなものです。

昔、子供時代にストローを使った霧吹きで遊んだ経験はありませんか?

出典:保育のひきだし

この原理と全く同じなんです。

空気が通ることによって生じる負圧によって、燃料を吸い上げる構造をしています。

出典: Wikipedia

この吸い上げる燃料の量を調整することで、良い混合気(空燃比)を

作り出すわけですね👍

なぜ、空気の量は調整せずに燃料の量を調整するのでしょう?

それは、エンジンが「空気を吸う」というのは

ピストンが下がった際の負圧で吸うことになります。

そして、キャブレターのスロットルバルブによって吸われる空気の量が調整されます。

なので、スロットルバルブで吸われる空気の量が決まるということは

それに合った燃料を調整することで、適正の混合気にすることができるということになる訳です。

キャブセッティング=燃料量の調整と思って良いと思います。

なので例えば、エアークリーナーを変えて空気が入りやすくなったりした場合は

当然、吸われる空気の量が変わるので、キャブセッティング(燃料量)の再調整が必要と言われるのもイメージがつきますね。

キャブレターの構造

ここからは、キャブレターの各部品構造について解説していきます👍

スロージェット

空気通路が細く、スロットル全閉~1/4開度(アイドリング~低回転時)の負圧が低い時に主に供給する通路。

強制開閉式キャブ 出典:DAYTONA

ちなみに、上の図は強制開閉式のキャブの構造図です。

スロットルが閉じている時は、メインジェットの吐出口は塞がれてしまうので

その後方にある、スロージェットにエンジンの負圧で吸い上げられます。

スロージェットは、アイドルから低回転域の領域で主に燃料を供給します。

エアスクリュー、ミクスチャースクリュー

先ほどアイドリング~低開度の領域はスロージェットが担っていると

書きましたが、そのほかに実は調整役がいます。

それは「エアスクリュー」「ミクスチャースクリュー」です。

「エアスクリュー」、「ミクスチャースクリュー」とは

スロットル全閉(アイドル)のときの、空気量又は燃料量を調整するネジの事を言います。

ジェットニードル

ジェットニードルはメインジェットに刺さる

テーパー状に加工された針の部品の事を言います。

スロットルを開けて、いきなりメインジェットから燃料が供給されないように

スロットル開度に応じて徐々にメインジェットの開口面積を広げるようにするために

ジェットニードルが大事な役割を担っています。

そのため、ニードルの先のテーパー形状も絶妙に

混合比を調整するように設計されています。

ジェットニードルは、アクセル開度1/4~3/4の領域の調整を担っています。

メインジェット

メインジェットは、一番主たる燃料の供給口となります。

強制開閉式キャブ 出典:DAYTONA

メインジェットは、スロットル半開~全開までの領域の燃料供給を担います。

キャブの種類

バイクのキャブレターの種類には大きく分けて

・負圧式

・強制開閉式

の二つがあります。

負圧式(CV)キャブレターの特徴

出典:sliverlaboratory

負圧式キャブレター(通称:CVキャブ又はSUキャブ)と呼ばれるものの特徴として

スロットルバルブが付いています。

セロー225 2LNの純正はこの負圧式SUキャブレターです。

ハンドルのスロットルを回すと

スロットルワイヤーを介して、スロットルバルブが開きます。

スロットルを開けることで、反対側のスライドピンがある通路にエンジンに吸われる

空気量が増えることで負圧が発生

その負圧で、スライドピンが上に引き上げられます。

スライドピンが上昇することで、その空気量に応じた燃料量が供給され

適正な空燃比に調整ができるのです。

強制開閉式(VM)キャブレターの特徴

強制開閉式キャブ 出典:DAYTONA

強制開閉式のキャブレターの特徴として

負圧式のキャブレターと違うところは、バタフライバルブがありません。

スロットルバルブはピストン部分が担っています。

強制閉会式のキャブレターは、グリップのスロットルから直接ピストンが引き上げられます。

そのため、ハンドルのスロットル操作が吸入空気の量にダイレクトに効いてきます。

強制開閉式がハンドルのスロットルに対するレスポンスが良いとされるのは、この為です。

キャブセッティング

では、キャブレターの基本的なセッティングとは

どういったものなのでしょう?

アイドル~低開度領域

アイドル~低開度の領域は「エアスクリュー」又は「ミクスチャースクリュー」

「アイドルアジャスター」で調整します。

エアスクリューは強制開閉式のキャブの名称で

その名の通りアイドリング時のエアー(空気)の量を調整します。

・右に締める → 空気量を少なくする → 混合気が濃くなる。

・左に緩める → 空気量を増やす → 混合気が薄くなる。

PE28キャブレター

また、ミクスチャースクリューは負圧式キャブに搭載されている機構で

こちらは、供給する燃料量を調整します。

・右に締める → 燃料量を少なくする → 混合気が薄くなる。

・左に緩める → 燃料量を増やす → 混合気が濃くなる。

負圧式キャブ

お気づきでしょうか?

実はキャブレターのタイプによって

アイドル時の調整スクリューの役割が異なるのです。

ポイント

・キャブレターのタイプによってスクリューの回す方向が異なるため
 キャブレターの種類をしっかり確認するべし!

それと、「アイドルアジャストスクリュー」でアイドル時のスロットル開度を設定することで

安定したアイドル回転を保つことができます。

スロットル1/8開度~3/4の領域

スロットル開度を%でいうと、全開を100%としたときに

12.5%~75%くらいの中間領域になります。

ここではジェットニードルが大きな役割を果たしています。

ジェットニードルの軸径を変更したり

テーパー角度を変更したり

軸の取り付け位置を上下させたり

することで燃料供給量を調整します。

例えば、ジェットニードルはメインジェットに挿入される位置にあり

その隙間から、燃料が供給されます。

ピストンが上昇するとともに、ジェットニードルも引き上げられ

先端が細くなることで、メインジェットとの隙間が多くなり

供給される燃料も徐々に増えることになります。

なので、当然ジェットニードルの径を太くすると

メインジェットの穴との隙間が小さくなるため

吐出する燃料を絞る=混合気が薄くなることになります。

細くすれば、その逆ですね。

また、ジェットニードル位置を上下させることで

ピストンの位置に対してジェットニードルの位置関係を変えることができます。

たとえば、ジェットニードル位置を下げる

ニードルのテーパー部分が上がるまでピストン(スロットル)を開く必要が出てきます。

スロットルは開き側になるけど、ジェットニードルは燃料を絞る=混合気は薄くなることになります。

逆に、ジェットニードルの位置を上げる

早くテーパーの部分が上がるようになる=メインジェットとの隙間が多くなる側

燃料が多くなる=混合気が濃くなる訳です。

ポイント

・ジェットニードル位置を上げると、燃料が濃くなる。

・位置を下げると、燃料は薄くなる。

なかなか、ややこしいですが

原理や構造が分かればそんなに難しいことはありません👍

スロットル全開(100%)の領域

スロットル全開の領域は

ジェットニードルは完全に引きあがっていて

燃料はメインジェットが主な供給を担います。

そのため、ここではメインジェットの径が燃料供給量を決めることになります。

スロットル全開時に吸入される空気量に対して

メインジェットの径が細ければ、供給量が足りず

混合気は薄くなりますし

径が太くて過剰な供給量になれば

混合気は濃くなる訳です。

ポイント

・メインジェットの径を太くする=濃くなる。

・径を補足する=薄くなる。

というわけですね。

まとめ

キャブレターの調整と一言で言っても

キチンと理解していないと、何処を調整しないといけないか把握できません。

出典:DAYTONA

どのスクリューやジェットがどの領域を担っているかを把握して

少しづつ調整するのがベストです。

決して、複数の箇所を一遍に変更するのはオススメしません。

どこを変えたら、エンジンの調子がどう変わったかが分からなくなるためです。

ポイント

・調整の場合は、一か所づつエンジンの変化を確認しながら実施すべし!

今回は、キャブレターの概要のお話でした。

次回は実際に、セローのキャブセッティングを実施していきたいと

思います👍

ご参考になれば、幸いです。










-バイクライフ
-

© 2021 digi-blo.com