" />

スマホ 商品レビュー

AndroidでUSBメモリやHDD,SSDを接続する方法

今回は、AndroidスマホでUSBやHDDを接続して、ファイルやデータをスマホで読み込む方法を解説します。

容量の小さいスマホでも、外部記憶媒体を使えば容量不足に悩まされずに音楽や、動画のデータを持ち歩くことが可能です。

こんな方におすすめ

  • スマホのデータ容量が少なくて困っている。
  • 音楽や、動画データなどを外出先でも楽しみたい。

USB接続用の専用ケーブルを準備

Androindに外部記憶媒体を接続して、認識させるためには専用のケーブルが必要となります。充電で使っている、USBケーブルでは認識しません。

専用のケーブルとは、「OTGケーブル」というもの。OTGとはUSB On-the-Goの略称で、周辺機器(USBデバイス)同士をつなぐために定められた通信規格です。

一般的なUSBの規格では、ホスト(パソコン)である親からしか通信を開始できないという決まりがあります。

パソコンとスマホをUSBでつなぐ場合は、親(パソコン)- 子(スマホ)となるため、USBで接続ができますが

スマホは、あくまで子としてしか接続できません。

そのため、子(スマホ) - 子(USBメモリ)を接続できるようにしたのがOTG規格

スマホの端子に合ったものを選択しよう

Androidスマホの端子形状は、2つあるので事前に確認をしましょう。

①micro-B

micro-B端子は、USB端子の1つで形状は台形に近い形をしています。

引用元:uzurea.net

少し前のAndroidスマホに流通した端子形状です。

micro-Bの端子用のOTGケーブル

②USB 3.1 Type C

USB 3.1 Type Cは現在スマートフォンなどを中心に搭載が多くなっている規格です。

引用元:uzurea.net

転送速度として10Gbps。

最大の特徴はコネクタの形状の向きが無く、どちらの向きで差しても接続が可能。

USB 3.1 Type Cの端子用のOTGケーブル

USBメモリを接続する。

USBメモリを接続する前に、ファイル管理アプリの「EXファイルマネージャ」のインストールをお勧めします。

EX File Explorer File Manager

EX File Explorer File Manager

Evergreen Creations無料posted withアプリーチ

OTGケーブルでUSBメモリ―を接続します。

EXファイルマネージャーを開いて確認します。

ちゃんと、認識されました。

私のNova3の場合、スマホにメモリーカードを接続できるためUSBの認識は3つ目のストレージとして認識しています。

HDD,SDDを接続する。

動画などの大きなファイルをスマホで観ようとした場合は、USBメモリでは容量が足りません。

その場合は、HDDやSSDなどの記憶媒体が必要になります。

ただし外部記憶媒体から動画を観ようとする場合、私はSSDを使われることをオススメします。

これは、データの読み込み速度に絡んでくるのですが動画を観ようとした場合は、HDDではカクツキが酷くて見れたものではありません。

また、HDDはケースも大きい為かなり邪魔くさいです。

ポイント

動画を観る場合は、SSD&USB3.0を推奨。

またHDDやSSDをスマホに接続する場合、別にSSDを駆動する電源供給が必要になります。

私の場合、USBハブを使ってSSDに電源を供給しつつスマホに接続する方法で使ってます。

SSDもなるべく読み書きの性能の良いものの方が、動画を観るのにストレスなくみれると思います。

高速で読書きできるUSBメモリであれば、SSDでなくても動画を観ることは可能です。

新しくSSDを購入する場合は、勿体ないので高速タイプUSBの方がオススメです。

SSDが余っている場合は、ハブや、OTGケーブルだけ購入すれば運用できます。

HDDやSSDを接続しようとすると、配線や、部品も多くて煩わしいですがUSBメモリを接続するだけなら、OTGケーブルとメモリさえあれば足りるので外出先で使うならば、USBをオススメします。

今回は、スマホにUSBメモリやSSDを接続するやり方の紹介でした。

ご参考になれば幸いです。

参考アイテム










-スマホ, 商品レビュー

© 2021 digi-blo.com