" />

スマホ 商品レビュー

Huawei nova3開封の儀とレビュー

今までiphone5sだったのですが、さすがに電池も持たないし
動きが悪いので、新しく買い替えました。
5年も使い倒したので、かなりもった方かと思います。

新しい端末は『Huawei nova3』です。
こちらの開封の儀と端末の紹介をしようかと思います。

IIJmio(みおふぉん)

Huawei nova3 の端末はiijmioで買いました。

Huawei nova3 のスペック

項目スペック
発売日2018年5月
OSAndroid 8.1/EUMI 8.2
SoCHUAWEI Kirin 970
コア数オクタコア(8コア)
メモリ(RAM)4GB
本体保存量(ROM)128GB
外部メモリタイプmicroSDXC メモリーカード
外部メモリタイプ容量最大256GB
インターフェイスUSB Type-C
バッテリー容量3750mAh
液晶6.3インチ/TFT液晶
画面解像度2340×1080
無線LAN規格802.11 a/b/g/n/ac
背面カメラ画素数約1600万画素カラーセンサー
+約2400万画素モノクロセンサー
前面カメラ画素数約2400万画素+約200万画素
幅×高さ×厚み73.7×157×7.3mm
重量166g
ここがオススメ
      
  • 手頃なミドルスペックの値段なのにSoCがハイスペック!
  • 最新デザインの全体画面!
  • 外部メモリーカードが使える!
  • イヤホンジャックが差せる!

 

Huawei nova3開封の儀

①外箱
 『HAUWEI』の文字がホログラム風になってます。
 機種の品番

②外箱を開けると、端末本体が出てきます。

③付属品を取り出します。

付属品一覧
  • nova3本体
  • 充電アダプタ
  • 充電ケーブル(USBtype-c)
  • クリアケース
  • イヤホン(有線)
  • simトレー用金具

付属の充電アダプタは急速充電対応‼

9V/2Aで急速充電にも対応してます。

④Huawei nova3本体
 アイリスパープルカラーはやっぱり綺麗です。

⑤底面
 スピーカー、USBジャック、イヤホンジャックが付いてます。

⑥側面
 左側にsimトレー、右側に電源ボタン、音量ボタンが設置されてます。

⑦付属のクリアケースを付けた状態
 ケースが無いより全然マシですね。ただ、ストラップ穴はありませんでした。

⑧Simトレー
 Simと外部メモリーカードをのせて差し込みます。

外部メモリーのmicroSDカードは転送速度が早い『class10』のものがオススメ。
32GB~64GB程度の容量で十分だと思います。規格はSDHCでもSDXCでも問題ありません。

サイズ感

横幅がある感じで、男の私の手でも片手では操作しきれないサイズ感。
その分webや、動画は見やすいです。

AnTuTuベンチマークを回してみる。

巷では多くのレビューが上がっているので、大体のスコアは
わかっているのですがやっぱり自分でも回してみたいですよね。

Antutu Benchmark

Antutu Benchmark

Beijing AnTuTu Technology Limited無料posted withアプリーチ

結果は203330ポイントでした。
これだけの数字を見るとかなり優秀なスコア。

他機種のランキングも見れます。
nova3は31位でした。ちなみに25位のP20と同じSoCを搭載してますので
200000~210000ポイントは、ほぼ横ばいの順位と見ても良いのかもしれません。

iPhoneのIOSの場合の参考値は下記(スコアは多少前後します)

  • iphoneXS:350000ポイント
  • iphoneX:215000ポイント
  • iphone8:195000ポイント
  • iphone7:180000ポイント
  • iphone6s:150000ポイント
  • iphone6:80000ポイント
  • iphone5s:50000ポイント  が目安です。

ただし、 HAUWEI のスマホ全てではないですが Kirin 970 搭載機種は、ベンチマークのスコアを
上げるために、ベンチマークのアプリ稼働時のみCPUをずっとフルで稼働させるなど、
一部ズルをしていると噂がありますので、スコアは参考程度に留めておくべきかと。

下の画像がベンチマーク稼働時の動作状況のデータです。

通常の場合、フル稼働させると熱が発生しそれによる熱暴走を抑えるために、
CPUの稼働を抑える保護機能が働くのですが、それが見られないためにスコアを 上げる
ズルをしていると言われる由縁かも知れません。

ですが、5万円でこのスペックであればかなりコスパが良いと思います。
10万円以上の機種はハイスペックは当たり前ですからね。

アクセサリー

アクセサリーにお金をかけずに最低限の液晶保護と、ケースを購入。

液晶保護ガラス

購入の決め所
  • お値段が手ごろ(1000円程度)。
  • 保護シールより、ガラスの方が強固でデザイン性が良い。
  • 日本旭硝子製のため、品質も安心。
  • ガラス製なので、張りやすい。
  • 気泡ゼロ

貼り付けた状態。
いくら薄くても、素のままでは段差感は否めないですね。
でも、ケースを付ければ全く気にならなくなります。

保護ケース

購入の決め所
  • お値段が手ごろ(1000円程度)。
  • グラデーションカラーで本機のデザインにも負けてない。
  • 背面も強化ガラスで、デザイン性が ◎。
  • 側面のバンパーはやわらかいTPU製なのでぴったりフィット。
  • 側面は滑り止め加工で、グリップ性が 〇。
  • ストラップ穴付き

『ブルー×ブラック』カラーを購入しました。
私は、ストラップ派なのでストラップ穴ありのカバーは助かります。

ケースをつけることで、液晶ガラスの段差は全く気にならなくなりました。

Huawei nova3 まとめ

◎なところ
  • カラーデザインが綺麗!
  • 手頃な価格帯なのに、高スペック!
  • 今どきの全画面!
  • イヤホンジャックが差せる!
  • 外部メモリーでデータ容量不足に困らない!

Nova3を買うのは『iijmio』がオススメ!

IIJmio

『IIJmio』は格安simを扱う人気のモバイル携帯サービスです。

IIJmioここがオススメ!
      
  • スマホセットの取り扱い数はMVNOで最多クラス!
  • 電話番号そのまま他社から乗り換え(MNP転入)可能!
  • データ通信専用の格安SIMなら900円から!
  • 使い切れなかった余ったデータ量は翌月に繰り越し!
  • ファミリーシェアプランは、家族でシェア、タブレットとルータでシェアなど、おトクに使える!
  • SIMカードと端末の同時購入または、端末のみの購入も可!

中でもオススメは、スマホの取り扱いが多いので使いたい機種が見つかること!

IIJmio(みおふぉん)

今回は、Huawei nova3のお話でした。

『IIjmio』のお話はまた、別でご紹介させていただきます。

少しでも、ご参考になれば幸いです。










-スマホ, 商品レビュー
-

© 2021 digi-blo.com