" />

カーライフ 知らいないと損ネタ

【車検の速太郎】車検時の工賃をお得にする裏技!?

もう、車検の時期です・・・。

2年は速いですね。

というわけで、今年も近くの車検の速太郎さんにお世話になります。

車検の速太郎は過去記事で紹介してるので、まず
こちらを見てもらうと良いと思います↓↓

前回の車検時と変わったことや

車検時に掛かる費用を割安にできるポイントを
お伝えできればと思います。

また、今回掛かった車検費用も
最後に公開
します👍

前回と変わった点

車検は20年の12月に受けましたが
いつも通り、予約をして車検に挑んでます。

過去に車検の速太郎で何かしらの整備や、点検、車検などを
受けていれば

本人や車両情報が登録されているので
やり取りもスムーズです👍

しかも、事前に携帯のショートメールで色々と案内が
来てくれるので、忘れ防止にもなるので助かります
👍

認印が不要?

下記のように当日の持ち物の案内なども教えてくれます。

「車検の速太郎」車検当日の準備ついて

持ち物一覧を見て、ふと気づく。

あれ?持ち物に認め印が無い・・・。

前回の車検じは認印の持参をお願いされて、しかも忘れるって
やらかしをした覚えがあるのですが・・・💦

そもそも、認印はいらないのか?

持って行けば、間違いはない

気になったので調べてみましたが

平成10年くらいから、継続車検の時の認印は
車の使用者が個人の場合に限り、

自筆サインをすれば不要になったようです。

ただし、車検を受けるお店によっては
持参するように言われたり

車検の申請に関して印鑑が必要な場合も
あるみたいなので、

心配であればお店に問い合わせるか、
印鑑も持参する方が間違いはない
です。

今回は車の所有者である私自身が
直筆のサインをするため、印鑑は不要でした。

とにもかくにも、事前に連絡もらえたことで
当日バタバタすることなく、車検が無事済んだ
ことは
ありがたいことです👍

専用アプリが登場!!

今回知ったのですが、サンアイ(車検の速太郎)の
専用スマホアプリが登場したみたいです。

さっそくインストール👍

車両情報を入力して登録することで
車検の速太郎の情報とリンク
され

予約や、整備等の過去の履歴の確認や
車検、オイル交換、洗車の予約がアプリからできる
ようになります。

毎回電話とかしないで済むから、楽チンです👍

来店スタンプを貯めると特典が

車検や、オイル交換、洗車等で
お店に対応してもらうと、来店スタンプがもらえます。

6回の来店ポイントで、オイルフィルター
交換無料券が発行される特典
がうけられます。

サンアイグループで車を購入した人やオイル交換など、
定期的に行かれる方は

アプリを入れておいて損はないです👍

アプリのリンクを張っておきます↓↓

サンアイ自動車株式会社 公式アプリ

サンアイ自動車株式会社 公式アプリ

SANAI JIDOUSHA CO.,LTD.無料posted withアプリーチ

これで、次回からの予約は
アプリでできるので、簡単👍

メンテプロコースが安くなった!?

2年前にも、車検の速太郎で車検を受けたのですが
その時も、メンテプロコースをお願いしてます。

メンテプロコースの詳細は過去記事から↓↓

この時は1万5千円だったはずなんです。

今回も、同様のメンテプロコースなんですが
見積もり書を見ると、1万3000円に値下がっていました👍

整備内容は変わらないのに、2000円も安くなっているのはありがたいですね👍

部品交換工賃をお得にする方法!?

今回は、フロントのブレーキパッドを交換するために
ネットで買ったブレーキパッドを持込みで、車検の際に交換をしてもらいました。

基本的に、消耗部品は車検の速太郎でもストックしている為
車検の点検の際に、消耗限度のものは
その場で交換してくれます。

その場合、部品代は定価に近い+交換工賃が取られます。

部品代はネットで買った方が安いですが
持込みで交換してもらう場合は

交換工賃が通常より高いです。

ただし、車検の際のメンテプロコースを頼んだ場合は例外なんです。

下記見積もりの、「Fディスクパッド取替」の項目が
工賃が3,900円となっていますが

この工賃価格は、実は本来であれば7800円なんです!!

メンテプロコースと併用すると、工賃が半額に!?

なぜかというと、メンテプロコースの作業点検においては
ブレーキの分解・清掃の作業が元から含まれている
から。

分解・清掃後に組み戻す際に新品のパッドについでに
作業するだけなので、工賃が安く済む
というわけです👍

良心的ですよね。

多分ですが、

エアコンのフィルターや、エアクリーナーのエレメント
同様に一度、とりはずして汚れの状態を確認するので

その際に、持込みのパーツに替えても
工賃は半額にしてもらえると思います。

ポイント

メンテプロコースと併用すれば、持込み部品の工賃がお得👍

通常の部品交換をする時より、断然にお得
交換工賃を抑えることが可能です👍

車検費用は?

気になる車検費用ですが。
今回掛かった車検費用は合計で¥102,560

内訳としては、

自賠責保険:¥21,550
重量税:¥45,600
印紙代:¥1,200
車検検査費用:¥13,000
メンテプロコース:¥13,000
ディスクパッド交換:¥3,900
発煙筒交換:¥12,00

+税です。

発煙筒が消耗期限が切れていたため、ほぼ強制的に
新しいものに交換が必要でしたので、それが追加。

事前にチェックしていれば、ネットで安く購入できてましたね。
残念💦

13年目からは重量税が増える!?

他に、前回の車検時と費用が異なるのは重量税です。

前回の車検時は、¥32,800でしたが

今回は¥45,600に増えてます💦

これはなぜかというと、車両登録年からの
経過年数によって、重量税の設定が違う為。

出典:くるなび

1年の差で¥12,800も差が出てしまいます💦

法律なのでしょうがないですが。

知らないと、ちょっと損した気分になりますね・・・。

それでも、13年、11万kmの車両
必要なメンテナンスを一通りと
消耗品を交換して、10万円なら決して高くはないのではないでしょうか?

もし、ディーラー車検なら
あれも、これもと交換されて
もっと高額になっていたと思います💦

まとめ

速太郎車検で部品交換工賃を安くする方法

  • メンテプロ―コースの実施。
  • 部品はネットで安く購入し、持込みで点検の際にお願い。
  • エアコンフィルター、エアクリーナーエレメント
    ブレーキパッド以外は要相談。
  • 車検前にライトの球切れ、発煙筒の期限はチェックしておこう。

オイルエレメントや、ワイパーゴムは
メンテプロコースに含まれているので、自身で購入は不要です。

今回は車検の速太郎のレポートでした~。

少しでも、ご参考になれば幸いです。

事前見積もりでもっと車検費用をお得に!?

更に車検費用をお得にする方法として
車検の比較サイトを使って、事前予約をすることです。

一番のオススメは楽天車検!!

楽天車検ならポイントももらえる!

楽天車検は、近くの車検屋を探したり見積もりが簡単にできます。

実際に車検を受ければ、楽天ポイントがもらうことが可能です。

どうせ車検を受けるなら、活用しない手はないです!

私も、今回の車検で楽天ポイントゲットです👍

【楽天車検】予約&実施で最大2500ポイント!郵便番号から検索・比較!

楽天車検のここがオススメ!
  • 『車検の速太郎』のような即完車検をやってるところが探せる。
  • 近場の車検屋さんが探せる。
  • 事前見積もりで、車検の費用が分かる。
  • 独自キャンペーンで、さらにお得に。 
  • 楽天ポイントも付いてくる!!

車検の前に

今回の私のように、発煙筒の期限が切れていたり
ライトの球切れ
があると

車検が通らない為、強制的に交換になってしまいます。

車検の前に事前チェックして
ネット購入しておけば、余計な出費は押さえれます👍

非常信号灯

最近は発煙筒も、LEDが主流

LEDなら、発煙筒に比べ長時間使用可能で
乾電池で繰り返し使用可能。

煙も出ないので、オススメ。

車検対応です。車検事に電池交換すれば、半永久的に使用可能👍

緊急点滅信号灯

車検には必要ないが、非常信号灯だけでは心もとない場合。

もっと視認性の高い緊急点滅信号灯もオススメ。

ナンバー灯

気付かないうちに良く切れているのが、ナンバー灯やポジション灯。

最近は、車検対応の明るいLEDタイプも多いです。

LEDなら、長寿命で更に明るいのでオススメ。










-カーライフ, 知らいないと損ネタ
-

© 2021 digi-blo.com