" />

商品レビュー

【AMZHOOZ】USB足温器 洗えるフットウォーマー レビュー

今回は、USBタイプのフットウォーマーのレビューです👍

私は、足がかなりの冷え性で
この冬場はかなり堪えます・・・。

きっと、足が温かくなれば
体もぽかぽかするはず!
ってことで

ポチって見ました👍

この記事はこんな方におすすめ

  • フットウォーマーの使い心地は?
  • 電気代はどれくらい?
  • オススメのフットウォーマーは?

ということで、開封の儀やスペックから👍

AMZHOOZのフットウォーマー

とりあえず、お試しってことで
amazonで割安のやつを選んで購入しました。

送られてきた、入れ物は
大分薄っぺらいものが届いた💦

開封してみると

メッチャ圧縮されてるぅ~( ´∀` )

きっと送料が掛からないようにするための
企業努力ですね👍

同封物は
・フットウォーマー本体
・取り扱い説明書
・簡易操作方法説明書
・レビュー催促チラシ

です。

大体この手のレビューで、プレゼントや
割引券などは、連絡しても
もらえないのが多い
ので

当てにしてません💦

サイズ感は?

まずは、外観からチェック👍

開封してみると、意外にモコモコ感あるんですよね👍

ちょっと、軽く期待を裏切られて
うれしい誤算。

縦寸法は約32㎝(超ザックリ測定です💦)

横幅は約28㎝くらい。(マジザックリ測定💦)

縦寸は・・・、21~22㎝ってとこかな💦

因みに、このフットウォーマーは
左右の足が独立タイプでは無くて

両足固定タイプです。

色々種類はあるのだけど、理由としては

・使う場所として、基本的に自分の部屋で使う(移動しない)
独立タイプは配線が増えてウザいので嫌
履きやすそう(楽そう)。

ってことで、このタイプを選んだ👍

リモコン

これは、リモコンが付属しているタイプ。

電源と、温度設定ボタン(赤:約50℃、黄:約45℃、緑:約30℃)

タイマーボタン(赤:60分、黄:45分、緑:30分、消灯:タイマーなし)

が操作・設定できる。

ボタンを押すと、その色にランプが切り替わるので
とても分かりやすくてgood👍

私は、基本的に
タイマーなし、高温(約50℃)設定でいつも使ってる👍

配線長さ

配線の長さは、フットウォーマー本体から1m

リモコンが1mで全体では約2mほどの長さ。

まあ、2mもあれば長さ的には十分ですね👍

ヒーター部分

ヒーター部分は、チャックになっている部分を
開けると、入ってます。

ちょっと残念なのが、チャックの口が片方のみ。

チャックは両側に合って、配線を左右どちらでも出せると
スゴクいいんだけどなぁ~。

ヒーター自体は21㎝四方の電熱マットタイプ。

なので、ヒーター面は底面のみです。

つま先までかけて、覆うように
ヒーターマットがあると

いいかなぁって思うけど

モコモコのおかげの保温効果で
全体的にまあまあ、温かい
ので

そこまで、意外に気になるほどでもない👍

足のサイズ感は?

私の足のサイズは、26.5~27㎝程度。

それでも、つま先はちょこっと余裕があるので

28㎝くらいの足の人でも、
余裕ですっぽり
だと思います👍

 

足幅も、なかなか余裕があって

足広げると、指3本分くらい空きます。

なので、フットウォーマーの中で
足をクロスさせたりは、余裕でできます
👍

まあ、両足固定タイプなので
足を組んだりはできませんけどね💦

消費電力は?

気になる消費電力は、9Wと記載されています。

そもそも、電源がUSBで5V/2Aなので
そんなもんでしょう。

ヒーター設定の「高」では約50℃となっていますが

体感での感じは、たぶん40~45℃程度ではないでしょうか?

それでも、十分に温かいので
このフットウォーマーがあると無いでは、足の心地よさは段違いです👍

もうこの時期は手放せなくなる!!

気になる電気代は?

このフットウォーマーを使った場合
電気代として計算したら、いくらくらになるでしょう?

計算してみます👍

消費電力が9Wなので、1日当たり12時間使い続けたとした場合

9W × 12h = 108Wh が1日の消費電力となります。

基本となる電気代を税込み27円/kWhで考えてみます。
※公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価)

「1kWh=1,000Wh」なので、
「1W÷1,000×1時間(h)×27円=0.027円」というのが
1Wを1時間使った場合の電気代となる訳です。

フットウォーマーの12時間の消費電力は108Whなので

108Wh × 0.027円 = 2.916円/1日となります。

仮に1ヶ月(30日)使った場合は

2.916円 × 30日 = 87.48円となります。

1ヶ月使って100円もしません👍

仮に24時間、30日使っても175円程度です。

めちゃ安ですね!!

足が蒸れる!?

分かってはいましたが、足が温かく
心地よくなる代わりに

やっぱり蒸れます💦

長時間使用すると、ずっと温感状態になるので

フットウォーマー内が蒸れてしまいます。

靴下が必須かもしれませんね💦

衛星的な問題は?

使い続けるうちに

蒸れて、匂いや汚れが気になるところ。

ただし、チャック口からヒーターマットを
出し入れできるこのタイプは

マットを抜いてしまえば
タダの厚手のスリッパみたいなものなので

そのまま、洗濯することが可能です👍

私の場合、1週間毎に洗濯してます。

念の為、ネットに入れて洗ってます👍

こんな感じ↓↓

ふわふわなので、多少洗濯物は嵩張りますが
洗濯できないより、全然マシ👍

温めることで、足が蒸れるのは仕方ないですが
定期的に洗濯すれば

衛星的に全く持って問題なし。

蒸れてしまうのは、フットウォーマーの宿命です(笑)

場所を選ばない

もう一ついいなと思ったのは、設置場所を選ばないこと。

電源供給がUSBなので、USB電源さえ取れる場所なら
何処へでも、持って行けます。

例えば、
車内
会社
アウトドア

嵩張るなら、圧縮袋で縮めてしまえばOK👍

特に、車などは
今どきUSB電源の取り出し口はほとんど付いてるので

簡単に設置できます。

常に足冷えに悩んでる方にはかなりオススメできますよ。

アウトドアでも、ポータブルUSB電源さえ
準備しておけば、何処でもヌクヌク
です👍

そんなこんなで、意外に
快適な足暖生活を送れているので

結構満足度における、コスパは高いと思います👍

今回は、フットウォーマーのお話でした~。

少しでもご参考になれば、幸いです。

オススメアイテム

フットウォーマー

今回購入した「AMZHOOZ」のフットウォーマー。

省エネで、足元を温めるだけなら
十分な能力を発揮してくれる。

USBタイプなので接地場所も選ばないし
洗濯できるので、衛生的。

スリッパタイプ

両足独立タイプなら、こちら。

リモコンで自由な設定できるのが
オススメ。

左右足が独立タイプなので、普段のスリッパとしても
使える
のが👍

デスクワークで足を組んだり
自由度も高い
👍

こちらも、ヒータ―マットが取り外し可能なので
洗濯可能で衛生的。

モバイルバッテリー

持ち運ぶ際には、電源が必要。

アウトドアなど、モバイルバッテリーが
あれば場所を選ばずに、温かライフを送れる👍

容量は10000mhAもありながら、安くてコスパ良し。

USB充電器

パソコンからUSB電源を取るも問題ないですが

PC好きの私は、パソコンからUSB電源を供給するのは
あまり好きじゃないです💦

便利なのは、多ポートのUSB充電器。

急速充電も可能なうえに、USB機器をいくつも接続できるので
便利だし、設置場所を選ばないのがいい
👍

ファンヒーター

フットウォーマーだけでは
部屋は温まらない💦

ちょっとだけでも部屋を暖めたいなら

小型省エネタイプの
ファンヒーターの併用をオススメ
👍

電源ONで即暖房が付いて

首振り機能、転倒自動停止機能も付いて
安心設計。

3段階の温度設定で小型で場所も取らない👍

私は、浴室にも置いてます👍










-商品レビュー
-

© 2021 digi-blo.com